競馬、サッカー、雑事など記す「何でもあり?blog」です。「別館」ブログは下のタブからどうぞm(_ _)m

  Ali della liberta (in Stadio)のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 横浜FC > 「横浜FCvs横浜Fマリノス」観戦記 ~それが横浜FCのレゾンデートル~  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「横浜FCvs横浜Fマリノス」観戦記 ~それが横浜FCのレゾンデートル~

2007 - 03/11 [Sun] - 01:01

 試合そのものは、決していい形ではない。課題はある。
 しかし、「この日、この試合」だけは、そんな事は関係ない。とにかく勝つ。そして、試合前にやたらと侮蔑的な表現を繰り返し「横浜FCの存在」を認めようともしない輩に、その存在意義(レゾンデートル)を見せ付けてやるのだ。それが、この「横浜ダービー」の至上命題といっても過言ではなかった。そして、その願いは叶ったのだ!

 ただ、これが新たなる「横浜ダービー」の始まりなのは承知している。今後も様々な思惑を乗せながら、激しい戦いは続いていくことも・・・

横浜FC1(1-0)0 横浜Fマリノス
得点者:【横浜FC】早川知伸(前半7分)

<スタメン>
【横浜FC】
GK 21 菅野孝憲
DF 4 和田拓三
DF 2 早川知伸
DF 30 小村徳男
DF 27 中島崇典
MF 6 山口素弘⇒FW 19 難波宏明(後半17分)
MF 10 内田智也
MF 13 鄭容臺
MF 14 奥大介
MF 11 三浦知良⇒MF 12 滝沢邦彦(後半8分)
FW 9 久保竜彦

【横浜Fマリノス】
GK 1 榎本哲也
DF 7 田中隼磨
DF 4 那須大亮
DF 22 中沢佑二
DF 26 田中裕介
MF 35 河合竜二
MF 29 長谷川アーリアジャスール
MF 10 山瀬功治
FW 8 マルケス⇒MF 19 乾貴士(前半29分)
FW 15 大島秀夫⇒FW 20 ハーフナー・マイク(後半28分)
FW 33 マルクス⇒FW 11 坂田大輔 (後半14分)



(この後、追記部分(21:55)になります。かなり長くなることをご了承下さい・・・)



 観戦チケットがあっという間に売り切れたりするなど、早くから注目されていた一戦であったが、やはり「横浜ダービー」ともなれば様々な因縁が絡むだけに、超満員での観戦となるのは必至の状況。それを想定して、カモネギさんとササンガム隊長には早めに横浜駅に来てもらうことにした(後で、そうした事が杞憂だったことが判明するのだが(苦笑))。
 高島屋周辺に居た集団を冷ややかな目で見ながら、三ツ沢へ行くバスへ乗り込む。道中はFCサポ?らが横断幕を貼り付けているところに遭遇。「ようこそ」までは見えたが・・・あとは何だったんだろ?それより、その前に某自動車学校の崖から見えた横断幕にはさすがに参った(苦笑)

 3時前くらいに「俺達の丘・三ツ沢」に到着。マリノスサポもFCサポも多数集まり、決戦の時への思いを秘めながら隊列をなしていた。我々も、FC側の隊列に並んで暫時休息。私の持ってきた「ワンセグケータイ」でとりあえず3人でアネモネSをチェック(笑)。エミーズスマイルはまあまあ強かったかな?

 ファルコンSがアドマイヤホクトの勝利で決まった直後くらいから、隊列の後から何やらけたたましい音が。何かと思ったら、どうやら「例の行軍」が到着したみたいで、コーヒールンバの大合唱。FCサポ側も負けずに「俺たちの丘三ツ沢」を合唱するなどで対抗する。
試合前から双方サポーター合戦
 そして、試合前から双方サポーターによる「応援合戦」がヒートアップ。これこそ「ダービーマッチか」と、その雰囲気をひしひしと肌で感じる。

 4時になって、開門。早めに3人分の席を確保して、試合開始に備える。しかし、バックスタンドの緩衝帯を境にマリノス側客席から先に埋まっていく。FC側は、コーナー周辺が試合開始直前まで空いていたので、ちょっと心配になってしまったが、これだと「もう少し遅れてきても大丈夫だったのでは?」とカモネギさん及びササンガム隊長から突っ込まれる(笑)。うぅ(^_^;A
 それでも、最終的にはスタンド全体がほぼ埋まり、決戦の舞台が整えられた。「向こう側」からは嘲笑の横断幕も出たが、とりあえずスルーすることに。

 ところで、私自身この「横浜ダービー」には内心秘めたる思いがあった。「マリノスサポーターには負けたくない」という思いが。
 何しろ、この試合に向け日を追うに従って、様々な挑発記事を散見したもの。勿論、表向きにはスルーしたのだが、内心としては面白くない。「偽者」とか「いらない」とか言われるのも、昨年のPSMの経緯もあり受け止めていたのだが、「いつか見てろ、きっとそっちに追いつき追い越してやる」と思いながら、この日、この試合を迎えたのだ。
 向こうが否定するなら、否定してみろ。こっちは横浜FCの選手達をサポートし勝利に導いてやる。そして、勝つことこそが、連中に「横浜FCの存在意義(レゾンデートル)」を知らしめることが、この試合の至上命題だ。
 確かに、理想と現実の狭間で紆余曲折とかあったのは事実。だが、ファン・サポーターの思いを乗せながら、このチームは「ここ」まで来たのだ。それでも、その事を認めない連中には、とにかく勝って、その存在を知らしめるしかない。

 ピッチ上での練習も終わり、選手紹介の後(マリノスサポの、奥と久保へのブーイングは予想通り。ありがとう(笑))、中田市長の「爆弾発言」で場内あらゆる意味で大喝采。そして、選手達が入場し、FC側がビッグフラッグ&青と白のマスゲーム、マリノス側がトリコロールのマスゲームと、圧巻の光景。
「ブル・ビアンコ」&「トリコロール」による圧巻の光景(選手入場時)
試合開始直前
 いよいよ「横浜ダービー」開戦。試合前恒例の円陣で気合を入れる。

 そして、運命のキックオフ!

 試合開始早々から、カズ(三浦知良)のロングシュートなど飛ばしていく横浜FC。先手必勝でこの試合の臨んでいくことが窺い知れた。
 しかし、ところどころでヒヤリとする場面も。DF早川が大島とのマッチアップで凡ミスをしそうになるなど危ない場面も。しかし、その直後にチャンスが。
 リスタートから速攻でCKを得て、その流れから前線に残っていた小村&早川によって、前半7分、ついに横浜FCが待望の先制点!だが、最初は誰が得点したか分からなかった(笑)←遠くて誰が得点したか見えなかったため
早川の得点で大喜びの横浜FCイレヴン
 その後は、山瀬や(途中出場の)乾のドリブル突破などでヒヤリとしそうなシーンもあったが、マリノスの中央突破中心とした策に対しては、1対複数人の対処で危険な芽を摘み取る。得点を入れた早川も、先のイージーミスもあってか早めのクリアなどで乗り切る。両サイドの和田&中島の奮闘も目立ち、素さん(山口)&ヨンデ(鄭容臺)、そしてカズも必死の守りで前半を乗り切った。

 後半になると、マリノスが攻勢を強め、何度もピンチに晒される。しかし、GK菅野が抜群の反射神経を見せ、FCゴールマウスへの通過を許さない。そして、マリノスサポを嘲笑うかのごとく、この試合でも遂に「菅野劇場」開演の時が来た!(笑)
 マリノス側は坂田及びハーフナー・マイクを投入し「素早さ&高さ勝負」で望んできたが、如何せん精度が悪く前線に繋がらず。となれば、山瀬や乾の個人技に頼るしかなく、そうなれば菅野及びFCディフェンス陣による「ハマナチオ」の術中に嵌るばかり。ヒヤヒヤしたりはしたのだが、ある意味思い通りの展開である。

 そして、胃が痛くなりそうなハラハラした展開も、何とか乗り切り遂にタイムアップ!横浜FCが「記録と記憶に残る」J1初勝利、そして「横浜ダービー・第1章」を制した瞬間であった。
試合終了後、サポーターと共に万歳
 そして、マリノスを無得点に抑えて勝った選手達とサポーター共々、喜びを分かち合う。待ちに待った瞬間だ。

「サポーターMVP」に選ばれた早川選手
 ヒーローインタビュー及び、サポーターが選ぶ「LEOC・ライフコミューンMVP賞」は、攻守に奮闘した早川選手。唯一の得点を挙げたほか、何度もピンチを凌いだのだから当然か。おめでとう!

 こうして、「横浜ダービー・第1章」は終わった。だが、今度はマリノスのホームでの「第2章」がある。次はマリノス側も威信をかけて立ち向かっていくだろう。受けて立つことになる我々も、ここで引く訳には行かない。
 しかし、この一戦では確かにマリノスサポーターに「横浜FCここにあり」というのを見せることが出来たと思う。試合の出来とかは気迫が前面に出た分、内容的に見るべきものは少なかったかもしれない。しかし、そんな無骨な試合のなかで、「横浜FCだってやれるんだ」というのを見せつけ、そして結果を出した事こそが、今回の大きな成果だと思う。そして、「横浜FCのレゾンデートル」を知らしめる事が出来たのが何よりもの・・・・・・


p.s.最後に、観戦記等を書かれた方々にトラックバックです。
【横浜FCサポ関係】
ウタカタ ノ ヒビさん
CRAZY FOR REAL YOKOHAMAさん
カズアマタノツヅリさん
mitsuzawa.netさん
It's a piece of my blueさん
HAPPY YOKOHAMAさん
横浜FC LOVE!!さん
しゅりんぷと横浜FC・BLOGさん
Emotional Stadium with YokohamaFCさん
・Vivo en Yokohamaさん
三ツ沢で『最高の瞬間』を迎えるまでさん
ジユウノツバサ@横浜式さん
週刊ワガモ通信(BLOG版)さん
もっちーの日記の横浜FCの日記さん
平成徒然草さん

【その他(いろいろお世話になってる所含めて)】
スポーツ瓦版さん
いすみマリーンズ アネックスさん
ファンナとディアナ(+α)のぽんこつ日記さん
merseysideに佇んでさん

 あと、カモネギさんとササンガム隊長、本当にお疲れ様でした!
スポンサーサイト

お疲れ様

チケットの段取り等、忙しいのに良くやってもらって、ご苦労様でした。新聞見て、驚きました。シュート16本も浴びていたのね( °O °;)
そりゃ、応援する方もヒヤヒヤするよねぇ(^^ゞでも守備はJ1でも通用しそうだね。あとは攻撃レベルが上がれば、言うことは無いんだが…。
しかし、奥の累積が気になる。2試合で2枚は多すぎ(○`ε´○)

こちらこそお疲れ様

>ササンガム隊長
 本当にお疲れ様でした。では、次の横浜ダービーのチケット手配を是非(爆&嘘)

 後でビデオ等で見たのですが、我々が現場で見てた以上に際どいシーンが続々と(汗)。その度に、「菅野神」と思えてしまいましたよ。

>奥の累積が気になる。2試合で2枚は多すぎ(○`ε´○)
 J1だと、確かあと1枚(=3枚)で出場停止だったはず。守り中心で激しく当たっていくチームカラーだけに、奥の他にも気を付けるところは気をつけたほうがよさそうです。

横浜FCサポで良かった!(^^)

職場でもメールでも、本当に多くの人に祝福のコメントを頂きました。
サッカーに興味が無かった人たちもTVのニュースなどで注目してくれているようです。
しかし!カズのコメントにもありましたが、次につまらない試合をしては何にもならない。次が大事。

それでももう少しこの勝利の余韻に浸っていたいのがホンネです。(^^;

横浜FCサポ冥利に尽きます

>Dr.Sakuraさん
 本当に、横浜FCサポ冥利に尽きましたね。私も出来るだけ長く、この余韻に浸りたいです(笑)。
 でも、今度の相手はJ2時代に苦手としていた川崎フロンターレ。ここから、本当の意味で厳しい戦いが続くだけに、我々サポーターの真価も問われるかもしれません。
 それでも、選手達のサポートに、できる限りの力を振り絞っていきたいと思います。頑張りましょう!

川崎戦がポイント…

遅れ馳せながら横浜ダービーの勝利、おめでとうございます。川崎との戦いが最も成長度合いを計る物差しとなるかと思いますが、3戦続けてtotoGOAL3の対象になってますね。次も波乱を演出するのでしょうか?
J1も去年から1シーズン制になったので累積警告は4枚でアウトですね。

そうですね

>藤沢さん
 コメント、どうもありがとうございます。
 そうですね。次の川崎戦が、今後を占う重要な一戦だと思います。それにしては、かなり高い壁だな、と思いますけど(苦笑)。
>J1も去年から1シーズン制になったので累積警告は4枚でアウトですね。
 情報、ありがとうございます。如何せん、こういうところも「J2慣れしてたかな?」という感じです(笑)。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://giocatore.blog9.fc2.com/tb.php/954-595390f9

第2節ガンバ明日&他チームの結果

Jリーグ第2節になり土曜に6試合で日曜に2試合が行われるね甲府0ー2名古屋・広島1ー1柏・磐田2ー1大分の3試合など大宮0ー2F東京・横浜FC1ー0横浜M・千葉1ー3清水だね横浜FCが勝ち点3を初GETし1節で良い広島と柏がドローで名古屋と清....

[横浜FC]J1第2節 対鞠公戦@俺達の丘

横浜FCはホーム・俺達の丘三ツ沢で横浜・横須賀F・マリノスと対戦。 セットプレーで上げた1点をしっかりと守り抜き、ダービーにふさわしい好試合を展開。 見事に勝ち点3をゲットしました。 横浜 1(1-0)0 横浜横須賀 19:03キックオフ 三ツ沢球技場 入場者数:13,737人 得

俺たちが横浜だ!(鞠戦感想)

>横浜FC、ダービー制し昇格初勝利/J1[ニッカン] >横浜FCがダービーで昇格

横浜ダービー 第2節

待ちに待ったホーム開幕! J1の横浜FCとして帰ってきたよ「俺たちの丘・三ッ沢」 相手がどこであろうと勝つだけでしょ? そのためにここに来たんですからね~♪ マスゲーム開催中! 「Y」「O」「K」「O」「H」「A」「M」「A」 の幕もいいね! やっぱサポもセンスがないとw

2007年J1第2節 横浜FC-横浜Fマリノス 「New World, New Stage, New History」

「9年ぶりのダービーが戻ってきた」とマスコミは大声で喧騒し、 その声で「横浜」を名乗るチームのサポーターの身体は反応し、 平静を装っても体温は上昇していた。 同じ街にあるチーム同士の戦いとは、気持ちの戦い。外から 煽られなくても、心には重石を乗せられたかの様

J1第2節 横浜FC 対 横浜FM

1-0 復活の「横浜ダービー」で歴史的な「J1初勝利」を達成。得点 横浜FC 7分 早川Jリーグの「元祖」ダービーマッチであった「横浜ダービー」。フリューゲルスの消滅から9年目、横浜FCのJ1昇格によって、この日”復活”の日を迎えた。

Jリーグ第2節

今週はテレビ中継が少ない。地上波では日曜日に鹿島vsG大阪の1試合のみって寂しい。とりあえず土曜日の結果は以下の通り。甲府 0-2 名古屋広島 1-1 柏磐田 2-1 大分大宮 0-2 FC東京千葉 1-3 清水横浜FC 1-0 横浜FM9年ぶりの横浜ダービー(?)は横

[J1第2節]アルビレックス新潟,浦和レッズに土壇場猛追撃だ!

サッカーJ1リーグは3月10日(土)と11日(日)に第2節が行われ,アルビレックス新潟は2006年の王者・浦和レッズと2-2で引き分けたアルビレックスはエースFWのエジミウソンが出場停止となっていたため,ホームといえど,必ずしも有利ではない状況.試合は見られなかったの...

復活の横浜ダービーは、横浜FCが勝利。

横浜FCのJ1昇格によって復活した“横浜ダービー”。やはり、今年のJリーグの目玉

vs マリノス戦(ホーム)観戦記

J1リーグ・第2節 2007.03.10(Sat)19:03K.O 横浜 1(1-0)0 マリノス@三ツ沢公園球技場 Att. 13,737人 ”俺たちがヨコハマだ!!!、三ツ沢は渡さない!” 待ちに待った今日この日、三ツ沢での横浜ダービーマッチ。マリノス系のブログで色々と煽っているのは知ってた

vs マリノス戦(ホーム)観戦後記・その2

記念すべきJ1ホーム開幕戦・横浜ダービーを記憶に留めておくために、スタジアムの光景を記録に残す「観戦後記」の第2弾。 ・スタジアム到着時の様子 17:30pm頃に到着。空はまだ薄明るく、照明に照らされる緑のピッチがとても綺麗。昨季最終戦(06.12/02)以来、3ヶ月ぶり

vs マリノス戦(ホーム)観戦後記・その1

昨夜の興奮から一夜明けた今日、あいにくの雨模様でしたが、気分は最高です。 さて、試合内容を思い出そうとしてるのですが、試合中はずっと沸騰状態であったためか、脳内ハードディスクがクラッシュしている模様で、デフラグにしばらくの時間が掛かりそうです。J-Sportsの

vs マリノス戦(ホーム)観戦後記・その3

横浜ダービー初勝利の記憶を記録留めるための観戦後記・第3弾。 自称・パノラマ写真家のボクが送る渾身の一枚; キックオフ前のスタジアム風景。 拡大オリジナル版は、こちらから; 迫力あるパノラマ合成写真をご覧下さい。

vs マリノス戦(ホーム)観戦後記・その4

横浜ダービー、選手入場時のコレオ・グラフィー。 幻想的な雰囲気に酔いしれた瞬間から、渾身の一枚を; 選手入場時のスタジアム風景。 この光景を目にして、燃えない男はいない。そんな熱いスタジアムでした。 拡大オリジナル版は、こちらから; 迫力あるパノラマ合成写真

聖戦のはじまり

三ツ沢は「俺たちの丘」だ。 J1第2節 3月10日(土)@三ツ沢公園球技場 横浜FC 1(1-0)0 マリノス 得点:早川1(横浜)

 | HOME | 

Calender

05 ≪│2017/06│≫ 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

GF

  • Author:GF

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

LINK

カテゴリー


FC2Ad

秋山澪

中野梓

2012・横浜FC日程等

カウントダウン&アップ

ブログ内検索

グーバーウォーク

「あわせて読みたい」

あわせて読みたいブログパーツ

BlogRoll(仮)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

List me!

RSSフィード

RSS Validator (feedAnalyzer)

QRコード

QRコード

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値&経県マップ

詳細はこちらを参照
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。