FC2ブログ

競馬、サッカー、雑事など記す「何でもあり?blog」です。「別館」ブログは下のタブからどうぞm(_ _)m

  Ali della liberta (in Stadio)のナビゲーター   トップページ > 横浜FC > 「横浜FCvs愛媛FC」観戦記 ~万感の“ジョーショージ”コール~  

「横浜FCvs愛媛FC」観戦記 ~万感の“ジョーショージ”コール~

2006 - 12/03 [Sun] - 22:17

 あの「歓喜の瞬間」から1週間。昨年までの経過からして未だに優勝したことを信じられないながらも、今年着実に歩んできて確実に勝ち取ってきた戦果をかみ締めながら、この1週間を待っていた。そして、迎えた12月2日、シーズン最終戦となる、対愛媛FC戦。場所は「俺たちの丘」三ツ沢球技場。

 今回の試合、随分前からササンガム隊長あたりと「観に行こうか」と話していた。その時は、昇格争い真っ只中で場合によっては・・・というケースもあり得たので結構ドキドキしたものがあったが、優勝(&昇格)を既に決めた後だっただけに、プレッシャーからは解放されることに。ただ、今回の快挙によって予想以上に観衆が押し寄せると知ったときには、別のプレッシャーを感じたもので(笑)、同行するササンガム隊長及びカモネギさんには、早めの集合を呼びかけることに。

 で、昼前に集合して開門前に三ツ沢につくと、そこは人・人・人の何重にも織り成す列が・・・Σ( ̄□ ̄;)!!
 これが「優勝効果」なのか・・・
 
 そして、キックオフ前まで次々と埋まっていく観客席。遂には、普段横浜FCサポが入っていくことの無い、相手側ゴール裏まで観客が押し寄せる事になり、場内を「青く」染め上げていく。
試合前、横浜FC側ゴール裏ビジター側ゴール裏を臨む


 そして、選手入場時には来場時に手渡された「青い風船」が一斉に空に昇っていき、どこか幻想的な光景を思わせた。
選手入場時に「青い風船」が一斉に昇っていく

試合前、城を中心に円陣を組む横浜FC

 を中心に円陣を組み気合を入れる横浜FC。既に優勝は決まっているが、ここは勝って快くを、そして北村や富永、崔成勇などこの試合を最後に横浜FCを去っていく選手達を気持ちよく送り出したいところだ。

 しかし、前半では動き回る愛媛FCの運動量に押されたか、後手に回る事が多かった。ゴール前には、動きのいい菅沼や江後、田中俊といった動きの良い選手が次々と襲い掛かってくる。
相手選手と交錯して蹲る早川選手

 ただ、序盤はミスが目立ちながらも徐々に慣れていったか中盤での主導権を握っていく。しかし、決定的チャンスはなかなか作れず、さらにはカズが途中で退きアレモンに交代。この交代は、タイミング的に予想外で「早すぎるのでは?」と感じたものだ(後に、これは怪我によるものと判明)。

 前半を0-0で終え、後半へ。後半では横浜FCペースになりながらもなかなか得点できずに進んだ後半24分。左サイドFKからオッパ(崔成勇)のクロスをファーサイドからヨンデ(鄭容臺)が足を伸ばして飛び込んで、待望の先制点をゲット!
先制点を挙げたヨンデ、味方からもみくちゃに(笑)

 こうなると、もう止まらない。後半32分には、左サイドでパスを受けたがクロスを上げ、アレモンがダイビングヘッド!
得点を決めたアレモン、謎の踊り(笑)

 そして、試合はこのまま2-0で終了。見事に勝利でシーズンを締めくくった。

 試合後の「シーズン終了セレモニー」。J2優勝カップを受け取る、キャプテンの。その姿には、何か込み上げるものを感じたのは、言うまでもない。我々サポーターも、選手達も。そして、本人もそう感じたに違いない。
J2優勝カップを受け取る城主将

 そして、高木監督らが胴上げ。
高木監督胴上げシーン

 しかし、受け取った「カップ」はいつしか「フリスピー」やら「金メダル」的扱いに(笑)。もちろん、首謀者はこの人この人(爆)。ただ、城の愛娘である夢叶ちゃんに優勝カップを手渡したりするシーンには、ホロリとしたりも。
優勝カップを愛娘の夢叶ちゃんに渡す城主将優勝カップをバックに写メールする菅野&アレモン(笑)


 シーズン終了報告には、奥寺社長が、高木監督が「優勝」の報告。そして、城が挨拶に立ち、サポーターに感謝の挨拶を。これには、四方から万感の「ジョーショージ」コールが沸き起こる。
シーズン終了報告をする城主将


 「サポーターの選ぶ年間MVP」でも堂々の1位だった「キング・ジョー」。そんな彼に敬意を表し、「キング ジョー・ショージ」コールが沸き上がる三ツ沢球技場。城が頑張ってきたからこそ優勝できた。城1人ではないのだが、キャプテンとしてエースとして、苦しい時期でも頭を下げずにひた向きに頑張ってきた経緯を、多くのサポーターは知っている。だからこそ、長年の感謝を込めての精一杯のコールが鳴り止まぬ事は無かった。

 「夢」はいつかは覚めるもの。勿論、来年のJ1でどう戦うのか考えなければいけないものだが、せめて暫らくは優勝の歓喜、そしてそこには「城 彰二」というかけがえの無い存在があったという思い出に浸っていたい。そういう気分にさせられた、シーズン最終戦であった。
優勝記念撮影に収まる横浜FCイレヴン


p.s.今回の観戦において、ササンガム隊長及びカモネギさん、本当にお疲れ様でした。(久々に喉が潰れそうな位に声を張り上げましたし(笑))

スポンサーサイト



トラバありがとうございます

最終節から早くも一週間。
未だ興奮冷めやらぬ日々ですね。
来シーズンが待ち遠しいです。

来シーズンは・・・

>ken1eagleさん
 コメント、ありがとうございます。
 さすがにここに来て、周辺の動きもあり優勝の熱気から現実に戻されそうな感じですが(笑)、来シーズンに向けては期待と不安が入り混じっている感じですね。今のところは、結構不安なニュースが多いのが気になりますが(汗)。

 また、よろしくお願いします。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://giocatore.blog9.fc2.com/tb.php/855-6cfb34af

J2最終節 横浜FC 対 愛媛 

2-0 城最後の試合を飾る。「J2卒業」。得点 横浜 69分 鄭 77分 アレモン

「横浜FCvs愛媛FC」観戦記 ~万感の“ジョーショージ”コール~

 あの「歓喜の瞬間」から1週間。昨年までの経過からして未だに優勝したことを信じられないながらも、今年着実に歩んできて確実に勝ち取ってきた戦果をかみ締めながら、この1週間を待っていた。そして、迎えた12月2日、シーズン最終戦となる、対愛媛FC戦。場所は「俺

2006年J2第52節 横浜FC-愛媛FC 「決別」

選手の入場と共に、空に放たれる1万個の青い風船。それを見て、 観客達は「凄い」「キレイ」と口にする。 しかし、この光景がこのクラブに携わった人間の魂つまりは思いを乗せて 「上に」向かって飛んでいくと私は思った。 バックスタンドに貼られたこのクラブに所属した選

2006シーズンJリーグディヴィジョン2終了

仕事でヘマをやらかし、最低な気分で望んだ三ツ沢競技場。 三ツ沢で待ち構えていたのは信じられない光景だった。 臨時駐車場へと延々伸びる駐車待ちの自動車の列。 開門1時間前の時点での溢れんばかりの入場整列。 当日券売店での「当日券はありません」の文字。 遠くから

ありがとう城

また横浜に戻って来てくれ!

横浜 vs 愛媛(観戦記)

J2リーグ・最終第52節 2006.12.02(Sun)14:00K.O横浜 2(0-0)0 愛媛@三ツ沢公園球技場 観衆11,472人感無量、我が人生・幸せなり。ありがとう、横浜!!!   もう、今日ばかりは試合の内容がどうのこうのとか、誰が良かったとか、悪かったとか、そんな事は関係なく

横浜 vs 愛媛(観戦後記)

 土曜日の興奮が冷め遣らない今日の月曜日ですね。今シーズンを戦ったチームと同じメンバーを、もう観る事ができないのかぁ、と思うと非常に寂しいシーズンの終わりです。 そんな時ですが、土曜日の風景を少々; 入場待ちの行列 三ツ沢到着は開門後の12:20頃。この時点

横浜 vs 愛媛(観戦後記その2)

 先週土曜日の興奮が未だに覚めない、木曜日ですね。好例のパノラマ風景です; (↑クリックすると拡大します) 選手入場時掲げられた水色エコ風船が、スタンド全体を包む。風船が一斉に放たれた時の、言葉には表せない美しさと感動。スポンサーのLEOC、ライフコミュー

横浜FC vs 愛媛

J2第52節 横浜FC vs 愛媛 (三ツ沢) いよいよ今季の最終節を迎えました

 | HOME | 

Calender

02 ≪│2020/03│≫ 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

GF

  • Author:GF

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

LINK

カテゴリー


秋山澪

中野梓

2012・横浜FC日程等

カウントダウン&アップ

ブログ内検索

グーバーウォーク

「あわせて読みたい」

あわせて読みたいブログパーツ

BlogRoll(仮)

ブロとも申請フォーム

List me!

RSSフィード

QRコード

QRコード

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値&経県マップ

詳細はこちらを参照