競馬、サッカー、雑事など記す「何でもあり?blog」です。「別館」ブログは下のタブからどうぞm(_ _)m

  Ali della liberta (in Stadio)のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 中央競馬関係雑感 > デルタブルース快挙! ~メルボルンカップ制覇~  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デルタブルース快挙! ~メルボルンカップ制覇~

2006 - 11/07 [Tue] - 18:10

との事らしい。豪州最大のレース、メルボルンカップ。ポップロックとのワンツーだとか。
(ここまで携帯で先にアップ)

メルボルンC、デルタブルース歴史的快挙!
2006年11月7日(火) 13時8分 netkeiba.com


 現地時間7日、豪・フレミントン競馬場で行われたメルボルンC(3歳上、豪G1・芝3200m、1着賞金約2億7000万円)は、岩田康誠騎手騎乗の7番人気デルタブルース(牡5、栗東・角居勝彦厩舎)が好スタートから道中は3番手につけ、直線では外から追い込む同厩の1番人気ポップロックを半頭差抑え優勝。豪州競馬最大のイベントであるこのレースで、日本馬として史上初の快挙となる勝利を果たした。勝ちタイムは3分21秒42(良)。さらに4.1/2馬身差の3着には4番人気メイビーベター Maybe Betterが入った。

 勝ったデルタブルースは、父ダンスインザダーク、母ディクシースプラッシュ(その父Dixieland Band)という血統。04年の菊花賞(GI)を8番人気で制し、重賞初勝利をGIで達成。その後、04年ジャパンC(GI)で3着、05年ステイヤーズS(GII)に勝ち、今年に入ってからは京都記念(GII)5着、阪神大賞典(GII)3着、天皇賞・春(GI)10着と精彩を欠いたが、前哨戦のコーフィールドC(豪G1)では僅差(長首+短首)の3着と好走していた。通算成績21戦6勝(重賞3勝、海外2戦1勝)。

 メルボルンCは豪州競馬最大級の、今回が146回目という長い歴史を誇るレース。南半球以外の馬が勝ったのは過去、93年Vintage Crop(愛)、02年Media Puzzle(愛)の2回だけで、アジア調教馬が勝ったのも初めての快挙だった。

 鞍上の岩田康誠騎手は初の海外重賞勝ち。管理する角居勝彦調教師は05年アメリカンオークス(米G1、シーザリオ)、05年香港マイル(香G1、ハットトリック)に続く海外G1・3勝目となった。

 日本調教馬の海外G1制覇は、今年5月のコスモバルクによるシンガポール航空国際C(星G1)以来12頭目(15勝)。南半球では初。日本馬が海外のG1でワンツーフィニッシュしたのは、02年香港のクイーンエリザベスC(エイシンプレストン、アグネスデジタル)以来2回目。

 デルタブルースの父は96年の菊花賞馬ダンスインザダークで、父内国産馬の海外G1制覇は05年アメリカンオークス(米G1)のシーザリオ以来2頭目となる。ちなみに、角居調教師と生産者のノーザンファームはシーザリオと同じチーム。

(以下、22:00ごろ追記)
 さて、デルタブルースとポップロックによる「歴史的快挙」を、今しがたyoutubeで確認(笑)。見た感じ、デルタブルースは完勝でしたね。菊花賞の時のような「4角先頭」策で押し切れたように、一時期のスランプからは完全に立ち直ってました。前走コーフィールドCを叩いた効果もあったのかも。

 「結果論」と前置いた上で語るけど、今回の快挙で感じたのは、まずは前哨戦(この2頭の場合はコーフィールドCがあたる)を使ったのが功を奏したのではないか、という事。もう一つは、同じ角居厩舎所属という事もあるが「2頭出し」で出れた事。こうした要因が、「豪州伝統のGⅠ」を制覇出来た理由ではないかと思える。また、ハーツクライやディープインパクトが「ぶっつけ本番」で臨み、ハーツクライの場合は単独での挑戦、ディープの場合はピカレスクコートが帯同したもののペースメーカー等は用意しなかったなど、「伝統の一戦」に臨むには「100%を突き抜ける何か」が足りなかった所が感じられただけに、今回の「快挙」は、今後の海外GⅠ、特に凱旋門賞やブリーダーズCなど「最強決定戦」的レース制覇に向けてのヒント、あるいは足掛かり的なものになったのではないか。そう思えた。

 あと、今回は競馬界のみならず、日本のスポーツ界に何処となく漂っていた「豪州コンプレックス」を払拭できたものではないだろうか。いや、大袈裟かもしれないけど(笑)。
 先日のスプリンターズSでも、テイクオーバーターゲットに成す術も無く敗れた日本馬勢。また、先のサッカーW杯ドイツ大会での「カイザースラウテルンの悲劇」は記憶に新しいはず。更に言えば、昨年の当メルボルンカップでも、マカイビーディーヴァ3連覇の「アシスト」として馬場に散水が施され、それがためにアイポッパーが惨敗したとも言われている。そうした「コンプレックス」を一挙に払拭した感じだ。しかも、「日本馬ワンツー」というこの上ない結果でもって。

 でも、今回の最大の勝因というのは、JRAを始めとして日本の競馬マスコミがそんなに大騒ぎしないでレースを迎えたことで、平常心で臨めた事ではないか?とさえ思ってしまうのが何とも・・・・(^^;ゝ゛

 何にせよ、この「歴史的快挙」は何のケチも付けよう筈はない。おめでとう、デルタブルース&ポップロック!
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://giocatore.blog9.fc2.com/tb.php/699-6b509bc7

海外G〓で日本馬のワンツーフィニッシュ

 豪州で開催されたG〓、メルボルンカップ(芝、3200m)で一昨年の菊花賞馬デルタブルース号が優勝。2着にはデルタブルースと同期のホップロック号。 日本馬のワンツーだけでなく、同じ厩舎で同じ歳は日本競馬界にとっては快挙でしょう。 出走頭数は23頭(24頭

メルボルン・カップ 日本馬ワン・ツー デルタブルース優勝!!

すごいよ~~~すごいよ~~~マサルさん!!!

日本馬のワンツーフィニッシュ メルボルンC

昨年はアイポッパーが12着と沈んだ豪州最大のG?メルボルンC(芝3200m ハンデ)に出走した角居厩舎のデルタブルースとポップロック。

デルタブルースがメルボルンC制覇!ポップロック2着で日本馬ワンツー

歴史的快挙だ! 第146回メルボルンC(7日、オーストラリア・フレミントン競馬場、GI、3歳上、ハンデ、左回り・芝3200メートル)。 岩田康誠騎手が騎乗したデルタブルース(牡5、栗東・角居勝彦厩舎)が快勝、2着にD・オリヴァー騎手が騎乗したポップロック(牡5

メルボルンC結果 デルタブルース、ポップロックの日本馬ワンツー。

メルボルンC、デルタブルース歴史的快挙! メルボルンC、全着順。 デルタブルースの快挙、世界中で伝えられる。 メルボルンC、関係者喜びのコメント。 メルボルンカップ枠順確定。 オーストラリアのフレミン...

メルボルンCはデルタブルース!

とりあえず、日本馬のワンツーおめでとう!(笑) デルタ優勝、日本馬ワンツー!/豪G1 グリーンチャンネルで録画してくるの忘れたよ・・・・。 そうだよ。オーストラリアだと時差があまり無いから昼間だったんだよ。 まぁー、あとで見れるでしょう。 追記1 Youtubeで映

デルタ・ポップ歴史的1・2フィニッシュ

 今年は日本馬が海外競馬を席巻している。それと同時に芝に関しては、日本の競馬のレベルは最高である事が、証明される結果が今日も飛び込んで来た。それは、オーストラリア最大の競馬の祭典メルボルンカップにて日本から参戦していた、角居厩舎の2頭デルタブルース

【メルボルンC】デルタブルースが優勝 q(^o^)p

オーストラリア競馬の最高峰メルボルンC(GI)、日本から参戦したデルタブルースが見事に制しました。2着は、何と同厩舎のポップロック。遠い南半球の地で、日本馬がワンツーフィニッシュです。^^

デルタブルースがメルボルンC優勝!!2着ポップロックで日本馬ワンツー達成!!!

今日行われたメルボルンC(GⅠ・3200m オーストラリア・フレミントン競馬場)でデルタブルースが優勝!!2着もポップロックという快挙ですよ、これ。しかもこの2頭の差はアタマ差なんだけど、3着はさらに4馬身半差ついてるんだもん。すげーわ。JRAホームページ、メルボルン

現場に拍手@デルタブルースがメルボルンC制覇!

デルタブルースがメルボルンC制覇!2着ポップロックで日本馬ワンツーとのこと、去年

メルボルンC

デルタブルースとポップロックがワンツーしたらしいですね(レース見てません)。凄いことだし、心から祝福したくもありますが、やっぱり不思議な感じだなぁ。だって、デルタブルースですよ?ポップロックですよ?日本のG?では着があればいいかなというくらいの馬が、オース

豪州に刻む、日本馬の蹄跡!(メルボルンカップ)

オーストラリアより、嬉しいニュースが舞い込んできました! 「メルボルンC、デルタ

デルタブルース

珍しく、予想もしない海外競馬の話題を…オーストラリアで最も格式の高いGIレース。日本で言えば天皇賞や有馬記念みたいなものですか。国中が仕事をやめてまで見る、とのことなので、有馬記念をはるかに凌駕するクラスのレースですね。そのメルボルンカップ(Melb...

メルボルンC、日本馬がワン・ツー!

メルボルンC 2006photo by AFP on Yahoo! デルタブルースとポップロック号 !やってくれましたね。今日のNHKのラジオニュースでも報道されていました。凄い!11月7日、15時(現地時間=日本時間13時

メルボルンC

レース映像はこちらから左は【メルボルンC】フレミントン芝3200m1~3着馬の血統です。デルタブルースはレース序盤は先頭、しばらくして外の馬が前に行ってくれたので3番手からの競馬。ポップロックは中団のちょっと後ろから。デルタブルースは直線入り口では早くも先頭...

メルボルンカップ回顧

1861年にスタート。オーストラリア国内においては、「The Race That Stop a Nation」(国の活動を止めてしまうレース)と言われ、このレースのために祝日となってしまうくらい、数多ある豪州G1レースの中でも歴史と権威を誇り、そして国民的行事であるメルボルンカッ

豪州で雪辱、決めたワンツー

[画像はヴィクトリアレーシングクラブから]メルボルンCは今日だったか。日本から出走した2頭、デルタブルースとポップロックのワンツーと言う結果には驚きです。グリチャの映像をこれから見る予定なんだけど

メルボルンC結果 デルタブルース、ポップロック快挙♪

 何も知らずに仕事をし、帰宅したのですが…。 まぁ、正直、ここまでの結果は想像もしておりませんでした。

デルタブルースがメルボルンカップを制す!

オーストラリア最大のレース、メルボルンCを日本馬デルタブルースが見事に優勝!!菊花賞以来のG1二勝目。出てたことも知らなかったからかなり驚いたね~しかし。しかも二着も日本馬ポップロック。これで角居調教師はシーザリオのオークス、ハットトリックの香港マイルと海

 | HOME | 

Calender

07 ≪│2017/03│≫ 06
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

GF

  • Author:GF

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

LINK

カテゴリー


FC2Ad

秋山澪

中野梓

2012・横浜FC日程等

カウントダウン&アップ

ブログ内検索

グーバーウォーク

「あわせて読みたい」

あわせて読みたいブログパーツ

BlogRoll(仮)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

List me!

RSSフィード

RSS Validator (feedAnalyzer)

QRコード

QRコード

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値&経県マップ

詳細はこちらを参照
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。