競馬、サッカー、雑事など記す「何でもあり?blog」です。「別館」ブログは下のタブからどうぞm(_ _)m

  Ali della liberta (in Stadio)のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 横浜FC > 「横浜FCvs東京ヴェルディ」観戦記 ~今やれる事、これから成すべき事~  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「横浜FCvs東京ヴェルディ」観戦記 ~今やれる事、これから成すべき事~

2012 - 03/23 [Fri] - 22:02

試合終了後にゴール裏に掲げられた「団結」の横断幕
 とりあえず、「やるべき事」を完遂して無失点に抑えられたかな?というのが第一印象でした。

 前節のvs千葉戦の結果を受け、その翌日に岸野監督が解任。そこから中1日で田口ヘッドコーチが監督代行として臨む事になり、やるべき事はとなると「課題である守備の再構築」というところでした。
 それは、この試合での布陣からも色濃く出ており、それは、これまでも裏を取られる事が多かった右SBの杉山をSHにまで上げ、その右SBには本来CBの朴台洪(パクテホン)。CBに森本と中野を添えたのは、ヴェルディが高さ勝負よりも連動性による素早いパス回しを武器に裏を抜け出すことも想定に入れて、スピード面で対処できる二人を据えたものと推測できましたが、テホンの起用はセットプレイでの高さ対策か?という感じに受け取れ、これはいざという時に3バックへの変化もあるものか、と考えたものでした。
 実際に試合が進められると、特に3バックという事は無く、局面では左SBの阿部巧も下がり目にプレイ。そして、いつもより阿部のオーバーラップも少なく、ここはラインできっちりブロックして守る事に専念した感じに。
 そして、注目?のテホンはというと、「裏を取られない事」を主眼に置いたのか、ほとんどオーバーラップはせず。ただ、一旦前目に動こうとして、それがどっちつかずの格好になって却って裏を取られ易くなったり、ある時は手を使って防ごうとするなど、間合いや動きが如何にもストッパーのそれだった事に、結構不安を抱いたものでした(汗)。
この試合の「ある意味」キーマンだったパクテホンのスローイン
 それでも、飯尾や阿部拓馬あたりとの1対1の局面ではきっちりと守り切るあたりは、さすがにストッパーとして面目躍如というところでしょうか。与えられたタスクをこなしたという点では「及第点」でしたかね。

 そんな感じに、これまでの「岸野体制」ではそうそう見られなかった「守備的戦術」で臨み、何度かヒヤリとする場面があったものの、気合いを前面に出しながらやれる事をキチンとやり遂げ、無失点で試合を終えられた事は、まずは「最低限成すべき事を成した」というところでしょうか。
 さすがに攻撃面となると、中間は守備的戦術の浸透に時間を費やした、いや、それでも時間がそもそも足りなかったので攻撃練習を満足にできなかった影響もあり、どうしても不十分なものに。それが、終盤で何度かあったチャンスをものにできなかったように、精度面の課題は相変わらずのところもあったのでしょうけど、とにかくこの試合では「まずやれる事は守り切る事」と考えれば、これも已む無き事だったのかもしれません。
数少ないチャンスの中でFKを蹴るカイオ

 結局、このまま0-0のスコアレスドロー。ヴェルディのゴール裏からは、ヴェルディ選手に対して激しいブーイングが飛び、横浜側はエールで出迎える事に。この事が、お互いの現状と相手をどう見ていたかの指標にもなっていたものであり、この様相からも現在の横浜FCがまさに文字通り「ドン底」だったことを窺わせるものだったと言えそうでした。
 ただ、とにかく現時点で「やれる事はやった」のは、それをどう先に繋げるかでしょう。現時点ではまだ、「底を打った」だけに過ぎず、ここからどうやって回復基調に持ち込めるか。そこに横浜FCの今後の命運がかかります。

 この試合の翌日には、OBである山口素弘氏の監督就任の発表がありました。
 はたして、山口氏がどういう考えで指導するのか。新監督の一挙手一投足に注目が集まりますが、ベースとなる今のチームには、今回の結果と今季これまでの経過を見る限りでは、大きな悲観はしなくていいのでは?と個人的に思うところです(勿論、楽観視はとてもできたものではないが)。
 それは、今試合で守り切った事で守備意識と自信を高めた事。あと、開幕戦で短時間ながらも見せた相手を圧倒する攻撃。これをうまく融合させる事ができれば、まだ這い上がるチャンスはある筈。ここで、山口新監督の手腕が問われようとしています。

 ドン底から何とか這い上がり、そして監督就任要請に応えてくれた素さん(山口新監督)に報いるためにも、この試合は絶対に「ターニングポイント」にして、より一層の奮起を求めたいものと考えます。
 これから、這い上がるぞ!
選手達には「横浜」コールでエールを贈った

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://giocatore.blog9.fc2.com/tb.php/4773-a1dccdda

 | HOME | 

Calender

09 ≪│2017/10│≫ 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

GF

  • Author:GF

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

LINK

カテゴリー


FC2Ad

秋山澪

中野梓

2012・横浜FC日程等

カウントダウン&アップ

ブログ内検索

グーバーウォーク

「あわせて読みたい」

あわせて読みたいブログパーツ

BlogRoll(仮)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

List me!

RSSフィード

RSS Validator (feedAnalyzer)

QRコード

QRコード

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値&経県マップ

詳細はこちらを参照
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。