競馬、サッカー、雑事など記す「何でもあり?blog」です。「別館」ブログは下のタブからどうぞm(_ _)m

  Ali della liberta (in Stadio)のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 中央競馬関係雑感 > 第78回東京優駿(日本ダービー)観戦記  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第78回東京優駿(日本ダービー)観戦記

2011 - 05/30 [Mon] - 20:39

ダービーの購入馬券。1番(2着に入ったウインバリアシオン)が抜け・・・

 豪雨の下で行なわれた今年の日本ダービーでしたが、皐月賞馬オルフェーヴルが快勝して、見事に「二冠達成」を成し遂げる結果に。
 そんなオルフェーヴルについて、単勝が300円台だったように「特別な強さ」を持っていないと思われる向きもありましたが、結果としては「特別な強さ」を見せつけるものだったかな?と思ったものでした。

 それにしても、今回のダービーは何かと「特別な」という感覚が付きまとったような感じがしました。それこそ、東日本大震災の影響が影を落とす中、皐月賞が「東京コースで行われた」という背景とか、モハメド殿下来日及びデットーリ騎手のデボネア騎乗、出走馬全馬がサンデーサイレンスの血を引くなど、これまでとは様相が違うところが随所に見て取れたものでした。さらには豪雨とそれに伴う不良馬場での実施という事もあり、見てる側としても「特別なダービー」という思いは確かに感じたものだったかな、と見ています。
 自分としては、ダービー観戦は「年中行事」の一つとして捉えているところもありますが、今回はそれこそ悪天候もあって観客数が10万人を下回っていて「ダービーどころではない」とかあるいは「無理して観に行くものではない」と考えたファンも多くいたのかもしれませんが、個人的にはやはりダービーは「特別なレース」であり、当日は「特別な日」だったかな?と思った次第です。

 それでも、そんな「特別な日」にはしっかりとダービーの馬券を的中しておきたかったところですが、結果として又もや?「2着抜け」という結果に・・・。ウインバリアシオンを含めて、青葉賞出走組の評価を低くしてしまったのですから、こればかりは自分の見立ての低さを呪うしかありませんでした(泣)。
 結局、当日の馬券収支はダービーと最終レース「つばさ賞」のハズレの分がマイナスに。残念です。

 悪天候であり、しかもダービーの馬券は不的中と「ハードラック」な感じではありましたが、そういう「マイナス」だったと思えたところも「特別な日」として、今年のダービーもまた永く自分の記憶に留まるものかな?という感じでした。

 そんな訳で、ダービーについての各馬寸評を。

1着:オルフェーヴル
 文句無しの完勝劇。前レース「むらさき賞」で勝ったリリエンタールが大外差し切り勝ちを収めた事で「この馬向きの馬場になったか?」と思ったが、それをなぞらえる様な勝ちっぷりだった。ナカヤマナイトにガードされながらも馬群の隙間から抜け出した「辛抱強さ」も加わり、三冠制覇に向けても隙を見せない位に「前進」をはかれたかもしれない。

2着:ウインバリアシオン
 オルフェーヴルより更に後ろ、更に外目から一気に抜け出しをはかったがオルフェーヴルには及ばず。これまでも大レースの度に批判の対象となった安藤勝の「後方一気」戦法が、今回は速いペースという事もあり大いに嵌まったか。菊花賞路線でオルフェーヴルを凌駕できるかは、前哨戦を見てから判断したい。

3着:ベルシャザール
 馬体重を大幅に持ち直して、今回のこの好走。皐月賞では明らかに体調不良だった裏返しでもあり、状態が整えばこの位は走れるところを見せたか。ただ、馬場の関係も否定は出来ないだろうけど勝ち馬との差は歴然だった。

4着:ナカヤマナイト
 4角からオルフェーヴルをガードするかのような位置取りだったが、結果として振り切られた格好。現状の力通りの結果とも言えそうであり、今後の成長に望みを繋げる事となった。

5着:クレスコグランド
 3連勝から臨んだ大舞台であったが、これが現状の力関係という結果か。よく頑張っている。

7着:サダムパテック
 結果として距離が長いという感じか。ペースが速くスタミナ消費が激しいレースでの今回の結果を考えると、2000mまでがこの馬に最も適した条件なのかもしれない。

8着:オールアズワン
 今回のレースを作りだした「陰の功労者」。この馬場にしては速い「前半1000m1分2秒台」で澱みないペースを作りだし、あわよくば自分も残ろうかとしたレースぶり。一時の不調からは脱したか。

11着:トーセンラー
 結果として馬場が向かなかったが、それを克服する力も付けきってはいなかったか。

12着:デボネア
 鞍上デットーリで注目を集めたが、見せ場を作れず。結果として現状の力を示したに過ぎなかったか。

15着:ロッカヴェラーノ
 出遅れ。逃げる事が出来ず後方まま。

競走中止:リベルタス
 「異状なし」ということで大事には至らずホッとしたところだが、とにかくここ数戦の内容が悪すぎる。精神的リフレッシュは絶対にはかるべきかと・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://giocatore.blog9.fc2.com/tb.php/4542-a0e375eb

皐月賞馬の実力は本物だった!オルフェーヴル日本ダービー制覇で2冠達成!

2011年の牡馬クラシック第2戦・第78回日本ダービー(東京優駿・GI 芝2400m 18頭立て)が29日、東京競馬場で行われました。2008年に生まれたサラブレッド7458頭の頂点を決める今年のダービーは、皐月賞馬の?オルフェーヴルが2冠制覇に挑み、皐月のリベンジを誓う?サ...

日本ダービー回顧:オルフェーヴルが2冠達成!

オルフェ強かったなー 日本ダービー結果 1着〇オルフェーヴル 2着 ウインバリアシオン 3着 ベルシャザール 4着△ナカヤマナイト 5着 クレスコグランド 不良馬場でどうなることかと思いましたが、オルフェーヴルが皐月賞に続いて圧巻の走りで2冠達成。 強かったで?...

東京優駿回顧

第78回 東京優駿(日本ダービー)(GI)が29日、不良馬場の東京競馬場で行われた。 1番人気は、 5 オルフェーヴルで3.0倍、2番人気は、2 サダムパテックで6.0倍、3番人気は、11 デボネアで7.8倍、4番人気は、10 ナカヤマナイトで8.8倍。10倍以下の単勝人気は以上4頭。 ...

ダービーとかの回顧

第78回 東京優駿(GI) 1着 5△オルフェーヴル 2着 1△ウインバリアシオン 3着 7△ベルシャザール 馬連    1-5     3,380円 3連単   5-1-7  100,300円 完 ...

日本ダービーの回顧

【日本ダービー】東京芝2400m1~5着馬の血統は左の表のようになっております。

東京優駿(第78回日本ダービー)などの結果と回顧

この春から発売された新馬券「WIN5」。 その名の通り「ウイン」バリアシオンと「5」番オルフェーヴルで決まった東京優駿でした。 目黒記念と合わせて結果と回顧を。 東京優駿(第78回日本ダービー)(G...

【レース回顧】第78回日本ダービー他

雨が降りしきる東京競馬場。泥んこの不良馬場での開催となった今年の日本ダービーを制したのは、オルフェーヴルでした。一番人気に応えたオルフェーヴルは見事二冠達成となりました。そして、鞍上の池添騎手は...

日本ダービー回顧 オルフェーヴル2冠達成!!

不良馬場もなんのその、まるでお構いなしの鮮やかな末脚。メジロ牧場がJRAから撤退したその年にメジロマックイーンの血を継ぐ馬がダービー馬に。そして池江泰郎調教師が引退し ...

 | HOME | 

Calender

06 ≪│2017/07│≫ 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

GF

  • Author:GF

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

LINK

カテゴリー


FC2Ad

秋山澪

中野梓

2012・横浜FC日程等

カウントダウン&アップ

ブログ内検索

グーバーウォーク

「あわせて読みたい」

あわせて読みたいブログパーツ

BlogRoll(仮)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

List me!

RSSフィード

RSS Validator (feedAnalyzer)

QRコード

QRコード

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値&経県マップ

詳細はこちらを参照
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。