競馬、サッカー、雑事など記す「何でもあり?blog」です。「別館」ブログは下のタブからどうぞm(_ _)m

  Ali della liberta (in Stadio)のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> プロレス・格闘技 > 「アイスリボン#267」観戦記  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アイスリボン#267」観戦記

2011 - 02/24 [Thu] - 20:59

 昨夜は、アイスリボン道場マッチ観戦のため、蕨まで行って参りました。

 1週間前の道場マッチで、現ICE×60王者(を含め三冠王者)の藤本つかさ選手からピンフォール勝ちを奪った都宮ちい選手が、即座にタイトル挑戦をアピールして、結果1週間後のこの日にタイトル戦が行われる事が決定。
 その為か、この日は100人もの観客が押し寄せ大盛況といった感じでした。

 ところで、前回の観戦の時も多少触れましたが、とにかく今回の観戦ではちい選手の「変化」というのが如実に表れた感じでしたか。
 詳しくは追記部分に書く各試合の寸評で触れますが、それこそ迷いなく自分のスタイルを築き上げて持てる力を存分に発揮するようになったかな?と。試合では惜しくも敗れてしまいましたが、場内のムードは完全に「ちいのホーム」といった感じであったのが印象的でした。それだけ、観衆を引き寄せるパワーをちい選手は「己の日々の努力」から身に付けるようになったのは、他のアイスリボンの選手同様に「先が楽しみだ、だから今後も見届けていきたい」と思わせる要因になっているのかな?とも感じたものです。

 そんな意味で考えると、全試合終了後の座談会の中でKAIENTAI-DOJOのTAKAみちのく選手が現れて真琴選手との3/21後楽園大会での対戦を決めたというのもまた、アイスリボン選手の「将来性」というのが確かに感じられたものの様に見えました。
 真琴選手についても、ここ最近に至るまでなかなか結果が出せず、期待とは裏腹な現状に本人もファンもやきもきする思いだったかもしれません。ただ、こうしてTAKA選手が対戦相手を買って出るなど、それは真琴選手の「未来」を見出されている事なのかな、とも感じる次第。こういう感じが続けていける事が、今のアイスリボンの「財産」なのかな?とも思えてなりません。

 それこそ、日々の努力を重ねる中で、今その時点でベストを尽くす事。そして、飽くなき向上心でもって臨んで挑戦していく姿は、何だか先日読み終えた“キングカズ”三浦知良選手の著書にも度々見られたところであり、大いに重なって見えるなど、ちょっとしたデジャヴを感じましたか。
 とにかく、これからも選手達は日々努力して自らを高めつつアピールをしていく事になるでしょう。そのアピールの方向性は「人それぞれ」なのは当然あるとして、そうした自分の全てをどのように持って行くか。その点に注目しながら、今後もじっと選手達を見守っていきたいところです。

 ・・・・・という訳で、この後の追記部分で各試合の寸評をしていきたいと。その際には、先に述べた観点も踏まえて、という事で。



◆エキシビションマッチ 3分間
 練習生新田(0-0)練習生内藤

 当日売店で営業していた練習生二人によるエキシビジョン。二人とも1年近く道場でのプロレス教室に通って練習を重ねてきただけあって、基本をしっかり押さえた動きをしているな、という印象。
 近い内にデビューとなるか、注目したいところ。

◆第1試合 シングルマッチ 10分1本勝負
 △Ray(時間切れ引き分け)みなみ飛香△

 我闘姑娘を見た事がない自分にとって、当然ながらRay選手を見るのは初めて。
 そんな中で見た印象となると、確かに技の繋ぎとか動作とかに文句はないものの、何だか気持ちが上手く乗せられなかったかのような・・・。試合を通してヘッドロックやハンマーロック中心の攻防という「地味な展開」が長かった事を差し引いても、その辺は少し気になったところでしたか。
 ただ、試合を通じてはRay選手のペース。ただ、終盤に飛香選手が盛り返したのは、逆にいえばRay選手の「詰めの甘さ」が先に述べた「気持ちの部分」に繋がっていたのかな?と。そうすれば、何とも惜しい感じですかね。
 試合終了後も、アイスリボンへの継続参戦の意思表示をしたRay選手ですが、現状ではまだ「浦島太郎」状態な感じですかね・・・。今後、彼女がどれだけ自分をアピールできるか、気になるところかと。

◆第2試合 タッグマッチ 15分1本勝負
 大石真翔&×宮城もち
 (7分38秒 ダブルアーム式ストマックバスター→片エビ固め)
 関根龍一&さくらえみ○

 何だか妙に「スイング」した試合でしたか。それというのも、K-DOJOの関根選手と、宮城選手のマッチアップが事の他「嵌まった」感じで大受け。宮城選手も、自らの腹を「晒す」行為に出るなど、思いっきり弾けてましたね(笑)。
 どうも、宮城選手はこのような「ミックスドマッチ」というのが手に合うのかな?という印象。勿論、これまで見たり聞いたりした中でも「雑草」的な存在感を見せられるようになっているようですが、この試合を見て改めて納得。まだデビューして月日が経ってない事も考えると、ある意味「逸材」なのかな?とも思ったものです。

 あ、そうそう、大石選手には何かと場内から「拒絶」ムードが漂っていたのは気のせいでしょうか?(爆)
 大石選手の明日はどっちだ?(ヲイ)

◆第3試合 タッグマッチ 15分1本勝負
 ○バンビ&真琴
 (10分56秒 スタンディング式シャイニングウィザード→片エビ固め)
 志田光&飯田美花×

 前の試合が妙にスイングしてた関係からか、ちょっと「やりづらい雰囲気」とも思えましたかね、この試合は。
 残念だったのが、飯田選手が出て来るところで何か試合の流れが「切れる」感じでしたかね。もっとも、彼女とてデビューして僅かということもあるので、時としてこういう事もあるでしょう(帯広選手とかでもこういう事はあった)。この日の試合を糧として、彼女の奮起を期待したいところです。ただ「豚になりたい」との座談会での発言は是非取り消しを(爆)。
 で、真琴選手。決して自らが表に出ず、バンビ選手を「サポートするような」感じでリード。地味ながらも、こういう戦い方ができるようになったのは、なかなか結果が出ないながらも日々頑張っている証左なのかな、と。バンビ選手との連携も上手く合わせて勝利に導いたところは、彼女の「新たな一面」を引き出せたところでしょう。
 試合後には、この「バンビ・真琴組」によるリボンタッグ王座への挑戦が決定。相手は「ビーナスタッグ」志田・藤本組。志田選手とは、今年に入ってから何かと「因縁」が続いているだけに、3/13での選手権試合がどうなるか、大いに注目したいところですね(自分は残念ながら観に行けそうもないですが・・・)。

◆第4試合 ICE×60選手権試合 20分1本勝負
 ○【王者】藤本つかさ(14分24秒 ビーナスクラッチ)【挑戦者】都宮ちい×
 ※第11代王者初防衛に成功

 序盤でちい選手が奇襲を仕掛け、場外戦でもパイプ椅子で藤本選手をメッタ打ちに。この一戦に賭ける覚悟とイメチェン後の「開き直り」ぶりは、ある意味かつての蝶野選手のヒールターンを彷彿とさせるところさえ感じさせましたか。
 その後は、徹底した腕攻め及び関節技地獄に引きずり込んで試合をリード。だが、中盤で藤本選手が足四の字で巻き返すと、ここからは王者・藤本選手のペースに。お互いが身体の一箇所を「攻め続ける」攻防の末は、最後は丸め込みの応酬の中で何とか藤本選手がちい選手を押さえこみ勝利。試合終了後の藤本選手の何とも言えない安堵な表情が、この試合での「激闘」を表してたものでしたか。

 ただ、この試合では間違いなく、ちい選手の「存在力」が光った試合かと。自らの体格から来る「ハンデ」を承知の上で日々努力して、自分のスタイルを築き上げた今だからこそ、その賜物が今回の試合で多くの観客を惹き付け声援を送ってくれた。これは、ちい選手だからこそ成し遂げられたものだと感じました。
 試合後はあまりにもの悔しさからずっと泣きじゃくりながらも、「(自分の事を応援してくれてる人が)もしいるならその期待を絶対自分は裏切らない。これからも都宮ちいを応援しろっ!!」と力強く宣言。大丈夫、君ならきっと、もっと上をめざせる。

 そして藤本選手。欲を言うなれば、もう少し「格を見せつける」ところを見せたかったところか。ましてや、これが初戴冠した上での初防衛戦というならともかく、かつて当王座を戴冠し、防衛も何度か果たしている中で、今回はすっかりちい選手の「戦略」に嵌まってしまった感がありありだったところを、地力で何とかねじ伏せた格好かと。ただ、これがアイスリボンの選手一人一人が持つ「強さ」でもある事が再確認された訳で、藤本選手もこの試合を経てより一層「王者らしさ」を発揮して防衛ロードを邁進して行ける事を、個人的に大いに期待したいところですね。


 こんな感じで、全試合の寸評は終わり。そんな訳で、今回も各選手がそれぞれ「己のベスト」を尽くしていこうと奮闘した姿を見させられた訳ですが、その中でもやはり、ちい選手がこの日一番「輝いていた」存在でしたかね。それこそ、この間「上を向いている限り絶対にいいことがある」のを実証した感じでしたかね。そして、そんな都宮ちい嬢には、カズ選手のこの言葉を捧げたい。

 「人生に偶然はない」と。
 いつかきっと、ベルトを巻く日がやってくる。それを待ってます。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://giocatore.blog9.fc2.com/tb.php/4468-9883b55d

 | HOME | 

Calender

09 ≪│2017/10│≫ 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

GF

  • Author:GF

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

LINK

カテゴリー


FC2Ad

秋山澪

中野梓

2012・横浜FC日程等

カウントダウン&アップ

ブログ内検索

グーバーウォーク

「あわせて読みたい」

あわせて読みたいブログパーツ

BlogRoll(仮)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

List me!

RSSフィード

RSS Validator (feedAnalyzer)

QRコード

QRコード

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値&経県マップ

詳細はこちらを参照
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。