競馬、サッカー、雑事など記す「何でもあり?blog」です。「別館」ブログは下のタブからどうぞm(_ _)m

  Ali della liberta (in Stadio)のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 中央競馬関係雑感 > 語り尽くされてるかもしれんが・・・昨日の有馬記念について  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

語り尽くされてるかもしれんが・・・昨日の有馬記念について

2010 - 12/27 [Mon] - 21:05

 まあ、自分の馬券的な感想から先に言えば、ヴィクトワールピサが上位にいた時点で「終わっていた」訳でして(汗)。もう、向正面あたりで先団のいい位置で走っているのを見て「やられた!?」と思ったくらいですから。
 一方のブエナビスタは、何だかんだで「ツキが無い」と言うしか・・・。結果論で言えば「位置取りが後ろ過ぎた」というところなんでしょう。とりあえず、そこんとこはまず踏まえます。

 で、少し気になるところというか、昨日とある方とのツイッターでのやり取りについて、「考え方の相違」があったというか・・・
 ある方が今回の決着について「2着の方が強い、強運です」というツイートをしたのを見て、それは内心、ヴィクトワールピサの評価を不当に押し下げるものではないのか?という疑念が生じて、自分から「勝った馬も持ち合わせた強運含めて強いと思う」と返信。そうしたら、「強い能力の高い馬が能力で若干劣る馬に敗れるというのが、競馬のそして馬券の醍醐味でもあります。」との返事が・・・。
 ただ、この辺については、ブエナビスタが並の一流馬ではないのは承知の上で、ただ勝ったヴィクトワールピサを普通に「能力で(若干)劣る馬」との表現がいいのかどうか疑問に思うところがあり、その辺がどうも釈然としないというか・・・。
 こう考えるのも、いろんなスポーツにおいて「強いものが勝つ、というのではなく、勝ったものが強い」という考え方に自分がシフトを置いているからか、変に勝ち馬を評価しない見方というのにはどうにも迎合できない、という思いがあります。ただ、その一方では「勝ちに不思議の勝ちあり」という風に、実力だけで全てが決着するものではなく、その時の運とか、あるいは進め方とか、様々な要因が絡んできて、そうしたトータルな部分で言えば「勝ったものが強い」という風に感じるのかな?と自分なりに思ったところですかね。

 とりあえず、馬券のハズレとかより(ヴィクトワールピサへのキルトクールは「覚悟の上」でした・・・)昨日の「その件」で引っ掛かったりして・・・。しかし、そうしたものを除いて純粋に勝負事としてみるには、ブエナビスタの「追い込み」とヴィクトワールピサの「粘り脚」には、大いに見応えがあったのかな?とも感じました。

 そんな訳で、有馬記念出走各馬の短評については、いつものように追記部分にて。

1着:ヴィクトワールピサ
 「海外遠征後にジャパンカップで激走」ということでその反動を懸念して無印としたのだが、見事にそんな思惑を裏切ってくれた(汗)。抜群の、とは行かないまでも十分に仕上がり、先行策からの絶妙な仕掛けで最後はブエナビスタの追撃を何とか2cm差で振り切った。デムーロ騎手のファインプレイと言えるが、応えた馬も立派だった。

2着:ブエナビスタ
 「ツイてない」と言ってしまえばそれまでだが、後方での位置取りとなった事はさすがに「勝負の綾」という事か。ただ、本人の心境までは分からないが、スミヨン騎手が「あの位置取り」となったのには、ジャパンカップでの降着とかこの間の様々な出来事に起因するものとすれば・・・?
 そういう意味では、今回の2着も「痛恨事」と言えるかもしれないが、唯一上がり3Fを33秒台で迫った末脚は大いに褒めるべきかもしれない。

3着:トゥザグローリー
 無欲の走りが上位入線を果たすものとなったか。先行して流れに乗り、最後の直線ではあわや?の場面も演出。翌年以降の活躍が楽しみになって来た。

4着:ペルーサ
 これまでにない抜群のスタートを決めたものの、そんな時に限って道中で脚を使ってしまったか、いつもの切れのある末脚を見せる事は出来ず。何にせよ「溜めるだけ溜める」方が自慢の末脚を生かし易いかもしれないが、その為にはより一層の「気性面の成長」が欠かせないか。

5着:トーセンジョーダン
 今回の「スロー競馬」の立役者。注文通りの競馬をしたが、最後は捕まった。突き放す仕掛け所を間違えないようにすることが肝かもしれない。そして、この馬主の「G1未勝利」のジンクスを破るのはこの馬になるか?それだけの素質はあるだろうけど・・・(汗)

6着:ルーラーシップ
 スローからの上がり勝負には向かないのか?それを見越して3角あたりで先団に取り付こうとしたが、そこで脚を使ってしまったのか直線で伸びを欠いた。自らレースを作るような積極性が欲しいところか。

7着:エイシンフラッシュ
 出遅れて流れに乗れなかったのが、結果として痛かったかも。最後はよく詰めていたが・・・

11着:オウケンブルースリ
 前へ行ったものの、先行集団の中ではただ1頭「アラアラ」な感じで下がっていってしまった。後方で脚を溜めた方がいいのか、あるいは状態が本物でないのか・・・?
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://giocatore.blog9.fc2.com/tb.php/4390-b306a5d3

有馬記念回顧

第55回有馬記念が26日、中山競馬場で行われた。 1番人気は、7 ブエナビスタで1.7倍、2番人気は、1 ヴィクトワールピサで8.4倍、3番人気は、14 ペルーサで8.9倍。10倍以下の単勝人気は以上3頭。 スタートで、12 ドリームジャーニーが出遅れた。  4 トーセンジョー?...

有馬記念・ラジオNIKKEI杯2歳Sの回顧

【有馬記念】中山芝2500m1~5着馬の血統は左の表のようになっております。

8年ぶりの3歳馬 有馬記念など結果と回顧

最後は写真判定となりましたが、ヴィクトワールピサが2センチ差を残して皐月賞以来の勝ち鞍をあげた有馬記念。 02年のシンボリクリスエス以来の3歳馬制覇に終わりました。 しかし、お手馬重複?先約?でロー...

ヴィクトワールピサが大激戦の有馬記念を制す!ブエナビスタは2年連続の2着…。

2010年の中央競馬のラストを飾る大一番・第55回有馬記念(GI・芝2500m 15頭立て)が26日、中山競馬場で行われました。オグリキャップの伝説的ラストランから20年が経った今年は、ジャパンカップで因縁が生まれた?ブエナビスタと?ローズキングダムの再戦に注目が集まった?...

有馬記念の回顧

第55回 有馬記念(GI) 1着 1×ヴィクトワールピサ 2着 7○ブエナビスタ 3着 11…トゥザグローリー 枠連     1-4     480円 3連単   1-7-11   60,770円 なるほど強 ...

【レース回顧】第55回有馬記念他

毎年のことですが、有馬記念が終わると今年ももう終わりかぁという何だかしんみりした気分になります。そう言うと、夫は「どうせ年が明けたらすぐ金杯があるでしょ」と呆れ顔。まあ、そうかもしれないけど、で...

有馬記念回顧 最強牝馬を最強世代が討伐

皐月賞馬で前走JC3着。2番人気の馬にこの言葉を使うべきじゃないんでしょうけど、これは大金星といっていいんじゃないでしょうか? 最強牝馬を退け最強世代が有馬も勝利!有 ...

有馬記念回顧(2010):ヴィクトワールピサがハナ差の優勝!

今年の3歳馬は全体的に優秀だなあ… 改めてそう思いました。 有馬記念結果 1着△ヴィクトワールピサ 2着◎ブエナビスタ 3着 トゥザグローリー 4着 ペルーサ 5着 トーセンジョーダン レース全体はスローで流れましたね。

 | HOME | 

Calender

09 ≪│2017/10│≫ 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

GF

  • Author:GF

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

LINK

カテゴリー


FC2Ad

秋山澪

中野梓

2012・横浜FC日程等

カウントダウン&アップ

ブログ内検索

グーバーウォーク

「あわせて読みたい」

あわせて読みたいブログパーツ

BlogRoll(仮)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

List me!

RSSフィード

RSS Validator (feedAnalyzer)

QRコード

QRコード

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値&経県マップ

詳細はこちらを参照
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。