FC2ブログ

競馬、サッカー、雑事など記す「何でもあり?blog」です。「別館」ブログは下のタブからどうぞm(_ _)m

  Ali della liberta (in Stadio)のナビゲーター   トップページ > 中央競馬関係雑感 > とりあえず昨日のジャパンカップの雑感  

とりあえず昨日のジャパンカップの雑感

2010 - 11/29 [Mon] - 20:45

 まあ、昨日のジャパンカップについては、既に新聞各紙でも取り上げられて、多くのブロガーの方も所見を明らかにしているところでしょう。そんな訳で、個人的にはポイントを絞って考察していきます。

1.ブエナビスタの降着の是非
 一言で言ってしまうと「降着はやむを得ない」と。
 パトロールフィルムを何度か見返しましたが、まずローズキングダムに身体を寄せたところまでは有りがちだろうけど、その後にヴィクトワールピサ(こちらも外斜行でギュイヨン騎手に過怠金)が咄嗟に内へ体勢を戻したところで、今度はブエナビスタが「空いたスペース」へ入るためにスミヨン騎手が右鞭。その際に、十分スペース確保をしないで前をカットする様に入ったためか、ローズキングダムの武豊騎手が再度立ちあがるまでの「不利」に・・・。行為そのものでは、前例通りで行けば「降着はやむを得ない」と考えるところです。

 しかし拙かったのは、一つは以前に「同様の件」がありながら騎手の騎乗停止だけで済ませた事。いわゆる「トールポピーのオークス」ですかね(←個人的には今でも根に持っています(汗))。
 もう一つは、外国人騎手との意見聴取で戸惑ったところで、審議時間が長引いたこと。これは、ブエナビスタ陣営が悪いとかそんな事はなく、これら2件はいずれもJRAの対応の拙さから来るものでしょう。
 ともかく、いろいろ批判されるのは「宿命」みたいなものですが、裁決委員については関係者から「密室で決められている」だとか「不可解な裁定がある」など、あまり信頼されてない状況が浮き彫りになったものかと。
 この辺は、藤田騎手の著書にも書かれてたものですが、これらの問題を解消するには「経験者の知恵を借りる」というか、裁決委員にも騎手など経験者を入れれば確かにある程度の問題解消にはなると思うのですが・・・

2.ローズキングダムが繰り上がり優勝だが・・・
 ともかく、「タナボタ」という感じで優勝となったローズキングダム。
 いろいろと「スッキリしない」のは確かですが、それでも今回は敢えて「優勝を誇るべき」かと思います。
 自分なりに思うのは、普通の馬であればブエナビスタのカットがあった時点で馬が怯んでしまい着外となる可能性が強かったところを、そこから巻き返してヴィクトワールピサに迫ってハナ差で「差し切った」こと。そこまで「持ってきた」からこその「優勝劇」なのではないか?と見てます。そう考えると、ローズキングダムも紛れもなく強かった、と思うしかありません。

3.2着降着となったブエナビスタについて
 降着は残念でしたが、今回も「モノが違った」強さを見せつけた格好に。それこそ「実質最強」なのは揺ぎ無いところでしょう。
 おそらくこの後は有馬記念へ向かって、ローズキングダムとそれこそ「雌雄を決する」戦いに持ち込むでしょうが、今回の件もあり他馬を思いっきり突き放すパフォーマンスを見せつけそうな気もして、ある意味「怖さ」を漂わせそうな感じがします・・・

おまけ.自分の馬券
 今思えば、無理して3連複まで手を出すんじゃ無かったかな・・・。
 何しろ、ヴィクトワールピサは1銭も勝ってなかったので(汗)。そんな訳で、ローズキングダムには思いっきり「救われた」感じですかね。ただ、馬単でブエナビスタ頭の方を厚めに買ってたので、膠着による順位入れ替わりで逆に損をしてしまったのは、ちょっと誤算というか・・・。
 ともかく、3連複を外したおかげで、トリガミに終わってしまいました(泣)。

 そんな訳で、追記部分でその他の馬の評価も。

3着:ヴィクトワールピサ
 個人的には大いに驚き。ギュイヨン騎手恐るべし。よく持ってきた、という印象。
 とりあえず、フランス遠征では馬場に泣かされたところもあったが、本質的には距離適性の問題。ここでは、鞍上の腕と「硬い馬場」で何とか来た印象。あとは、鞍上の進言にもあるように「若干距離が長い」というのを信じるなら、今後の狙い目は2000m近辺のレースという事になりそう。

4着:ジャガーメイル
7着:オウケンブルースリ
 共にブエナビスタをマークしようとして突き放されたクチ。相手が悪かったのもあるが、もう少し前目で競馬したかったか。

5着:ペルーサ
 スタートについてはもう、語るべくも無し(呆)。来年あたりに気性の成長を待つしか・・・
 まあ、命名元のマラドーナも1982年のスペインW杯でバティスタの腹に蹴りを入れて退場になる位「幼かった」ものが、4年後には大スターだった訳で、とにかく「成長」を待ちましょう。

14着:ナカヤマフェスタ
 懸念通りというか、休み明けの中で体調が戻り切らなかったことと、速い馬場への不安がもろに出た格好に。
 この後に「復権」を狙おうとしても、まずは状態回復を待って、もう一度見極めたいが・・・
スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://giocatore.blog9.fc2.com/tb.php/4344-41a3eaed

ジャパンカップ回顧(2010)

ま、これも競馬ですかね… 30回目の区切りとしてはちょっと後味悪いレースになっちゃったけどさ。 ジャパンカップ結果 1着○ローズキングダム 2着◎ブエナビスタ(1着入線降着) 3着 ヴィクトワールピサ 4着 ジャガーメイル 5着 ペルー...

ジャパンカップ回顧

今年が30回目の節目となったジャパンカップが28日、東京競馬場で行われた。 1番人気は、16 ブエナビスタで1.9倍、2番人気は、11 ナカヤマフェスタで7.7倍、3番人気は、7 ペルーサで8.4倍、4番人気は、6 ローズキングダムで8.8倍。10倍以下の単勝人気は以上4頭。 4 シン?...

ジャパンC 回顧

まぁ仕方ないんでしょうけど…。残念な結末になってしましましたねぇ。。ジャパンC 予想 1着◎ローズキングダム 2着〇ブエナビスタ 3着-ヴィクトワールピサ 4着&#6529 ...

まさかの降着で、ローズキングダムがJC制覇

最後の直線で事件はおきた。いつものようにブエナビスタが追い込みをかけ、鮮やかに差し切り勝ちをおさめたと誰もが思っていたが、長い審議はブエナビスタについてであった。 直線でローズキングダムの進路を妨害したとのことで降着扱いとなってしまった。確かにVTRを...

ジャパンカップ・京阪杯(◎スプリングソング1着)の回顧

【ジャパンカップ】東京芝2400m1~5着馬の血統は左の表のようになっております。

ジャパンカップなどの結果と回顧 後味悪い降着劇

レース終了後に灯った審議の青ランプ。 結果が出るまでに25分以上かかる長時間の審議、そして降着と後味の悪い結末でしたが、これも競馬。 (ただ、この秋のG1だけで3回目の降着発生。外国人騎手が2回絡んで...

ジャパンカップの回顧

第30回 ジャパンカップ(GI) 1着 6◎ローズキングダム 2着16○ブエナビスタ(1位降着) 3着 2…ヴィクトワールピサ 3連複     2-6-16    4,940円 3連単     6-16-2  ...

【レース回顧】第30回 ジャパンカップ他

ブエナビスタ降着という劇的な幕切れとなった第30回ジャパンカップ。ブエナビスタにとっては劇的というより悲劇的と言うべきか。 やはりブエナビスタは現役最強馬だった・・・というのがレース直後の感想。ブ...

ジャパンカップ30年目の悲劇…。ブエナビスタ降着でローズキングダムが繰り上げ優勝。

1981年に創設された日本初の国際招待レース「ジャパンカップ」が今年で30年目を迎えました。日本競馬が世界との差を痛感させられた事から始まり、カツラギエースの日本勢初優勝、ホーリックスとオグリキャップの死闘、不滅のレコードタイム・2分21秒1などの名場面が生ま...

ローカルルールかご都合主義か

28日に行われたスポーツから一つを採り上げるとしたら、やはり競馬のジャパンカップだろう。結果はご存じのようにローズキングダムが優勝したが、ブエナビスタの降着についてはブロガーの間でも意見が割れている感じだ。遅ればせながら筆者も簡単に見解を述べてみたい。

 | HOME | 

Calender

02 ≪│2020/03│≫ 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

GF

  • Author:GF

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

LINK

カテゴリー


秋山澪

中野梓

2012・横浜FC日程等

カウントダウン&アップ

ブログ内検索

グーバーウォーク

「あわせて読みたい」

あわせて読みたいブログパーツ

BlogRoll(仮)

ブロとも申請フォーム

List me!

RSSフィード

QRコード

QRコード

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値&経県マップ

詳細はこちらを参照