fc2ブログ

競馬、サッカー、雑事など記す「何でもあり?blog」です。「別館」ブログは下のタブからどうぞm(_ _)m

  Ali della liberta (in Stadio)のナビゲーター   トップページ > プロレス・格闘技 > 「アイスリボン#233」観戦記  

「アイスリボン#233」観戦記

2010 - 11/04 [Thu] - 20:41

 昨日は、アイスリボン観戦のために、船橋競馬観戦(JBC)の後に蕨市のイサミレッスル武闘館まで行ってきました。アイスリボン観戦は、9月の後楽園大会以来になりますかね。
 後楽園大会以降も、いろいろと「流れ」が速くて、タッグ王座がいつの間にか変わってたり(GENTARO&市井舞組から、さくらえみ&高橋奈苗組に)、新王者が既に3度防衛戦を果たしたりするなど、目まぐるしく動いている状況なので、日々の情報が本当に大事なのかな?と少し大袈裟な感じもしますけど強く感じているところですかね(汗)。

 そんな中で、昨日の大会では「24の瞳ベルト」なるものを賭けて、代表であるさくら選手が「11人掛け」の勝負をする、ということでどんな感じになるか興味を持ち、わざわざ足を運んでみました。
 このベルトの歴史については詳しくは分からなかったのですが、3年ほど前に大勝負に挑むさくら選手を「励まそう」という意図でこの対戦方式が考えられたとか。そして、見事に「11人掛け」全勝を果たし(ダンボールで出来た選手手製の)ベルトを獲得したとか。
 そんな「歴史」の目撃者の一人に、当時は観客として初めてアイスリボンを観たというのが、しもうま和美選手。しもうま選手は年内を持って引退というのが決まっており、そうした背景からも「24の瞳ベルト」挑戦を強く希望していることもあって、今回は「前回王者」のさくら選手が再び挑む、という格好に。
 (なお、某夕刊紙では「さくらを団体追放するための選手会による策略」としていました(爆))

 ただ、そんな中で行われた「24の瞳ベルト」選手権は、さくら選手の「全勝」に。
 試合個々の内容については、自分より他のファンの方のほうが細かく書かれているのでそちらを参照して頂くとして(汗)、今回を見て思ったのは「なかなか、さくらえみを超える存在のある選手が出てこない」というのを痛感したものだったかな?と。
 確かに一朝一夕で「世代交代」とかはできないものでしょうけど、今年においては、みなみ飛香選手が「さくらえみ越え」を果たしているものの、なかなかさくら選手を存在感で「越えようとしている」選手が出てこないのは、今後のアイスリボンを占う上でも少し不安に感じてしまうところかと。

 とりあえず「11人掛け」を通して見ると、何人かの選手は自分の「持ち技」でもって負けていたり、他には秒殺決着もあるなど、結果として「さくら選手の土俵で戦わされた」感じがありありで、それこそ後楽園大会での「仙女を倒す」といったりほ選手の「決意表明」含めて他団体との「交流」を見据えていくなら、全体での底上げを図って行くべきところを、現状はまだ少し歯痒さが残ってしまうかな?というのが、全試合を通して感じたものでした。

 確か、さくら代表もツイッター等で「日々試行錯誤の毎日」なんて事を言ってた様な気もしますが、アイスリボンも他団体に「負けない」ために、いろいろと試行錯誤しているのかな?という感じがします。それは、高橋奈苗選手らが新団体「スターダム」に参加していく(予定)など、常日頃動いている周辺状況の中で、自分達の「存亡」も関わって来る中で、今はまだ「もがいている」状況なのかな?という感じでしょう。
 ただ、そうした状況をどのような形で脱却していくか。それは、選手にしてもそうでしょうし、団体全体でもそう。今はまだビジョンが見えてない感じでしょうが、先にはきっと「何か」あるのだから、そこに向かって「走って」いくしかないでしょう。何とか、頑張って欲しいものです。

 で、最後にちょっと「個々の試合」の中で気になったものを。
 10人目で出てきた志田光選手ですが、自分が秒殺(さくら選手のラマヒストラルで6秒で仕留められる)された「怒り」はごもっともなんですが、決着後にさくら選手のみならず、レフェリー兼「11人目の選手」である、しもうま選手まで攻撃しちゃマズイでしょ(瀧汗)。あの場面は、ちょっとばかり引きました・・・
 ただ、あの「暴れぶり」を見ると、以前にスタン・ハンセンが試合終了後もセコンドをなぎ倒しながら暴れまくる場面を想像してしまい、これまで隠された(も同然の)ポテンシャルを徐々に発揮しているのが、「こういう形」で表れているように思えたもの。本当に、いずれは女子プロレス界で「潮流を作れる選手」と成り得る実力を秘めていると思いますが・・・

 そして、「アンカー」となったしもうま和美選手ですが、奮闘及ばず敗戦。そして、自らが希望していた当ベルト挑戦も「ご破算」に・・・。何とも無念だろうけど、その代わり?に11/27・川崎大会で自身が持っている「トライアングルリボン選手権」の防衛戦が組まれる事に。

 しもうま選手、こういう時こそ「負けたらあかん!」

『アイスリボン・233』
11月3日(水・祝)アイスリボン道場 18時00開始
観衆91人

◆第2代アイスリボン認定24の瞳ベルト選手権 各試合時間無制限1本勝負

○さくらえみ

(10分22秒 丸め込む→エビ固め)真琴×
(1分30秒 回転エビ固めをつぶす→エビ固め)帯広さやか×
(3分10秒 すもうラリアット→片エビ固め)星ハム子×
(2分28秒 みやここクラッチ)松本都×
(3分54秒 アイスドライバー→片エビ固め)藤本つかさ×
(1分28秒 腕ひしぎ十字固め)みなみ飛香×
(3分38秒 ジャングルクラッチ)都宮ちい×
(2分28秒 ローリングフューチャー→エビ固め)市井舞×
(2分49秒 シュークリーム)りほ×
(0分6秒 ラ・マヒストラル)志田光×
(6分7秒 二階からのニャンニャンプレス→片エビ固め)しもうま和美×

※さくらえみが第2代24の瞳ベルト王者に

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://giocatore.blog9.fc2.com/tb.php/4305-bfda9e00

 | HOME | 

Calender

09 ≪│2021/10│≫ 11
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

GF

  • Author:GF

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

LINK

カテゴリー


秋山澪

中野梓

2012・横浜FC日程等

カウントダウン&アップ

ブログ内検索

グーバーウォーク

「あわせて読みたい」

あわせて読みたいブログパーツ

BlogRoll(仮)

ブロとも申請フォーム

List me!

RSSフィード

QRコード

QRコード

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値&経県マップ

詳細はこちらを参照