fc2ブログ

競馬、サッカー、雑事など記す「何でもあり?blog」です。「別館」ブログは下のタブからどうぞm(_ _)m

  Ali della liberta (in Stadio)のナビゲーター   トップページ > 旅行記 > 甲府日帰り遠征顛末記  

甲府日帰り遠征顛末記

2010 - 10/05 [Tue] - 21:47

 先日の日曜日は、甲府の小瀬スポーツ公園陸上競技場まで行って「ヴァンフォーレ甲府vs横浜FC」の試合を見てきた訳ですが、この試合のキックオフが16時だった事もあり、その前に甲府近郊の観光をしてきたところです。

 なお、今回は甲府まで「この列車」で行きました。

はまかいじ号@横浜駅
 横浜から中央線へ直通する臨時特急「はまかいじ」号。今回は、これで甲府まで乗って行くことにしました。
 一応、「特急」の冠は付いているのですが、その真価が発揮されるのは八王子より先の中央線区間。横浜線内は、駅の通過するスピードなどを考えると、ほとんど快速みたいなものでした(汗)。

 そんな感じで甲府には10時前に到着。この後の観光についてはある程度プランは立てていましたが、一応現地の「天気」で判断することに。で、甲府周辺では、4年前の旅行で武田神社に行ってきたものでしたが、今回はその時プランに上がってたものの時間との関係で断念した「昇仙峡」に行ってみる事にしました。甲府駅に着いた時に晴れていた事が「決め手」になりましたかね。
 昇仙峡は、甲府駅からバスで約40分ほどで行ける、県内どころか国内有数の景勝地でもあり、紅葉シーズンには多くの観光客が訪れるところです。もっとも、紅葉というには早すぎる時期に行ってしまったものでしたが(苦笑)。

 この昇仙峡も、見所は随所にあるのですが、今回はバス終点の近くとなる「仙娥滝」から下流に下って行くコースを通ってみることに。

 (以下、追記部分にて)

 で、まずやって来たのが、この仙娥滝。
昇仙峡の名所でもある仙娥滝
 滝壺で水しぶきが弾けることで涼風がそよぎ、周辺は少しばかりひんやりとして涼しい感じで心地良かったです。

 仙娥滝を見終わった後は、下流へ向かって遊歩道を歩いて行きます。
遊歩道から下流方向を眺めた昇仙峡の光景水墨画でも出てきそうな光景です。

昇仙峡の中で最も有名とされる「覚円峰」昇仙峡の中で最も有名とされる「覚円峰」です。

花崗岩が削られて自然のトンネルとなっている「石門」「石門」です。自然の力でここまで花崗岩が削られて、このような形に。


 こんな感じに歩いていると、ちょうど小腹が空いてきた感じなので、遊歩道にあった茶屋で「御岳そば」を食べていくことに。手打ちそばの歯応えもなかなかで、美味しく戴きました。

 そんな感じで、短時間ながらも「昇仙峡散策」を済ませて、甲府駅に戻る事に。ここまでは「いい感じ」だったんですけどねぇ・・・

 で、試合の方は「観戦記」を参照の事。

 試合が終わって甲府駅に戻って来た後は、以前来た時に立ち寄ったほうとうの店で「夕食」。ただ、今回はほうとうを食べずに「鳥もつ煮定食」にしてきました。まあ、「B-1グランプリ」効果に釣られてしまった、ということで(笑)。

 とりあえず、中身については随分濃かった感じの「甲府遠征」となりましたが、やっぱり試合観戦での疲労が相当なもので、その影響が翌日にも来てたのは確かです(汗)。そんな訳で、やっぱり遠征は「勝って帰りたい」という事を改めて感じた次第です(爆)。

<おまけ>
 昇仙峡から甲府に戻ってきたら、自民党の谷垣総裁が街頭演説をしてました。
街頭演説している自民党の谷垣総裁@甲府駅前
スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://giocatore.blog9.fc2.com/tb.php/4250-359b5aad

 | HOME | 

Calender

09 ≪│2021/10│≫ 11
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

GF

  • Author:GF

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

LINK

カテゴリー


秋山澪

中野梓

2012・横浜FC日程等

カウントダウン&アップ

ブログ内検索

グーバーウォーク

「あわせて読みたい」

あわせて読みたいブログパーツ

BlogRoll(仮)

ブロとも申請フォーム

List me!

RSSフィード

QRコード

QRコード

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値&経県マップ

詳細はこちらを参照