fc2ブログ

競馬、サッカー、雑事など記す「何でもあり?blog」です。「別館」ブログは下のタブからどうぞm(_ _)m

  Ali della liberta (in Stadio)のナビゲーター   トップページ > 横浜FC > 「横浜FCvs栃木SC」観戦記 ~「昇格(笑)」・・・だよなぁ・・・~  

「横浜FCvs栃木SC」観戦記 ~「昇格(笑)」・・・だよなぁ・・・~

2010 - 05/09 [Sun] - 22:29

あの頃は楽しかった・・・?

 ・・・開幕3連勝の頃の「浮かれ具合」も、今となっては懐かしいというか(泣)。今日の試合ぶりを見る限りでは、自嘲気味に乾いた笑いしか出てこなかった感じです。

 Twetterでも、多くの横浜FCサポが「『昇格』を掲げるのさえおこがましい」「むしろ痛々しい」という声が。自分も確かにそう思うしかなかったところです、本当に。
 そのような話が出てきたのは、多分「負け越した」vs熊本戦(第7節)か、その前のアウェイでのvs千葉戦(第6節)あたりからですかね。とにかく、試合開始前にしゅうちゃん・ぶうちゃんが「昇格」を唱え、メンバー紹介の映像でも「昇格」の文字が躍る。それが、今の横浜FCというチームの「出来」との対比で、とても整合性が取れておらず、言葉ばかりが独り歩きしている状況にも見えてならない感じです。

 その事を呟いたら、友人からメールで「昇格と言う言霊を吐かないと次に繋がらない。今の苦労が昇格後の糧になる」との意見を頂いたもの。確かに、それはそうと思うところだが、今の時点では逆に「重石」というか、嘲笑の対象にしかならない感じですかね。それこそ「女子プロレス界のエース」を自称してる松本都じゃあるまいし(汗)
 とりあえず、今季の目標として「昇格」を掲げるのはいいのでしょうけど、この試合での出来を見て「昇格」というスローガンを表に出すのは、ハッキリ言って「道化」という感じですよね。暫く、目途が立つまでは「表に出す」のは止めて封印した方がいいかな?と。

 そんな訳で、一応簡単に試合を振り返ってみます。

 正直、両チームとも「見所」は少なかった感じです。セットプレイで「惜しいシーン」はありましたが、横浜FCは栃木守備陣を崩せず、栃木はレオナルドと崔根植が「ブレーキ」になって決め手を欠く有様。
 そんな中で、栃木の方は2トップを廣瀬と林に変えて動きが良くなった感。そんな中で大きく左右に振られて得点を許す状況を見て、「これまでと同じような点の取られ方をして、対策は取っているのか?」と頭を抱えたくなる状況に。何だか・・・・本当にやるせないです。

 岸野監督も、これまで全く無策で臨んできたつもりではないでしょうけど、万全の態勢を組めない中でこれまでと同様の戦術で臨もうとしてる風に見える現状では、正直なところ柔軟さに欠け、愚直というより硬直化してしまっているのでは?と心配な状況です。
 個人的には、岸野監督には来年以降も監督を続けてもらいたい思いがあり、こんな時期にあれこれ言いたくないのが本音。ただ、今の状況では「もっと臨機応変に構えていいんじゃないのか?」とさえ思ってしまいます。
試合終了後、挨拶に来る横浜FCイレブンに「帰れ!」の手振りをするゴール裏サポーター達

 ともかく、現状では「我慢」を強いられる感じですが、今となっては選手や監督を信じていくしかありません。
 あれこれ文句を立ててしまったりしてますが、それもこの「閉塞した状況」の打破を願わんがため。その為には、選手達や監督、スタッフらを叱咤激励しながら、一方では彼らを信じて、一つ一つ勝利を願い戦っていくしかないのかな、と。
 そう思うしかない、今回のvs栃木戦だと感じたものです。
スポンサーサイト



虚しいけれど・・・

試合終了後、あまりの虚しさにさっさと帰ってしまった私ですが、ゲッターロボ(←若者にはわからないか?)抜きの栃木相手にこの試合内容ではブーイングでも致し方ないでしょうね。

もはや恒例ともいえる前掛かりの裏を突かれる失点パターンは言うまでもなく、セカンドボールのおさまりの悪さや中盤でのタメのなさ、クロスの通りの悪さなど、考えただけでも虚しさがこみ上げてきます・・・。
東戸塚で時々岸野監督と話しますが、本当に熱心でいろんなことを考えておられます。
ただ、それがすぐに結果につながるほど甘くはないということでしょう。たとえどんな優秀な監督であっても・・・。
そういう意味で、ここ毎年コロコロ監督をすげ替えてきた上層部の責任は大であり、
だからこそ岸野監督には来年以降も指揮をとってじっくりチームを作り上げて行ってほしい・・・。
そう思いました(←岸野監督の試合後のコメント風!)。

お初です。他サポです。
横浜サポから見て鳥栖組の存在ってどんな感じですか?
(前からいた選手との仲など)

コメントレスです

>ゆうじさまさん
 こんばんは。
 確かに、本来であれば「スクラップアンドビルド」の繰り返しでチームの基礎が築けてない状態からのチームと、昨年から指導しているチームとの差は明らかな状況で、一方ではある意味過酷な目標設定がある、というような状況で難しい局面なのは、いろいろと不幸な事だと感じてしまいます。
 とにかく、監督以下いろいろ苦労してるのは間違いないので、我々はそんな彼らを応援する事でしか報いてやれない。そう思いました(←使わせて頂きました)。

>サンジさん
 どうもはじめまして。
 今のところ、選手間の仲についてはそんなに悪くないと見てます。
 ただ、「仲」は別として、現在まで起用され続けた「鳥栖組」の疲労が色濃く出てる状況のなかで「既存組」が取って代わってやろうという動きが(一部ポジションを除いて)出てこない状況には、もどかしさを感じます。
 この辺の競争が活発に行われるようになれば、チームとしてもう一段成長すると思うんですが・・・

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://giocatore.blog9.fc2.com/tb.php/3942-ae4b9c27

2010 J2第12節 横浜FCvs栃木SC

おい! 完敗じゃね~か!  スタメンは、 ・・・・・西田・・・・大黒・・・・・ ・・寺田・・・・・・・・・・武岡・・ ・・・・・高...

 | HOME | 

Calender

09 ≪│2021/10│≫ 11
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

GF

  • Author:GF

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

LINK

カテゴリー


秋山澪

中野梓

2012・横浜FC日程等

カウントダウン&アップ

ブログ内検索

グーバーウォーク

「あわせて読みたい」

あわせて読みたいブログパーツ

BlogRoll(仮)

ブロとも申請フォーム

List me!

RSSフィード

QRコード

QRコード

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値&経県マップ

詳細はこちらを参照