競馬、サッカー、雑事など記す「何でもあり?blog」です。「別館」ブログは下のタブからどうぞm(_ _)m

  Ali della liberta (in Stadio)のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 横浜FC > 「横浜FCvs大分トリニータ」観戦記 ~今宵の月のように~  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「横浜FCvs大分トリニータ」観戦記 ~今宵の月のように~

2010 - 04/30 [Fri] - 22:24

大黒のゴールで2-1と再度大分を突き放した横浜FC。選手達が大黒に駆け寄って祝福。
 正直に言えば、勝ててホッとしたというのが、この試合が終わって最初に思った事でした。

 とにかく、この間の「5連敗」でチーム及びサポーターのムードは大きく落ち込んで、試合を重ねる度に悪い事が重なった感じもしたものでしたが、この試合で見せた選手達の「強い気持ち」が勝運を呼び込んだのかな、と。
 そんな選手達の頑張りが、強風による悪コンディションとか、審判団の不明瞭なジャッジにも怯むことなく、90分余を集中力も切らさずに戦い抜き、その末に勝利を得たという事で、それこそ試合が終わってから出たのはまず「安堵の溜息」だったのが、実感として残っていました。

 そして、ふと気づけば上空には、見事な満月が。まさに、この満月のようにスッキリととした気分で勝利を味わう事が出来た事を十分に噛みしめることが出来たと共に、自分には「ある楽曲」の一節を思い出したものでした。

 くだらねえとつぶやいて 醒めた面して歩く
 いつの日か輝くだろう あふれる熱い涙 
 いつまでも続くのか 吐きすてて寝転んだ
 俺もまた輝くだろう 今宵の月のように... 


 エレファントカシマシの「今宵の月のように」の出だしの部分だが、それこそ5連敗の最中は「くだらねえ」と呟きながら「いつまでも続くのか」と思ったもの。それでも、ただひたすら勝利をめざし、諦めず挫けない心を持って「また輝くだろう」という気持ちを捨てずに臨んだからこそ、この試合で勝利を得られたものなのかな、という風にダブって考えたものです。

 そんな中で、大黒や西田のゴールと、それぞれ「お膳立て」をした武岡と寺田のアシスト、そして後半で鬼神の如くゴールマウスに立ち塞がった大久保。彼ら含め出場した選手全員が「輝き」を見せたからこその結果だったのは間違いないでしょう。
 しかし、あえて苦言を挙げるなら、この試合で勝てたのは大分も横浜FC同様に「地上戦」で挑み、がっぷり四つに組み合ったからこそ。この「四つ相撲」での展開では横浜FCもそうそう負けず、キムボギョンやチェジョンハンを「封じ込め」る事が出来たゆえの勝利だったかと。
 それゆえに、引いて守る相手に対してどう対抗するか、という課題に対してはまだ「?」となるものの、上位の大分相手にこの結果を出した事は、「俺達は決して弱くはない!」と実力を十分に出し切ればまだまだ「輝ける」ことを実証したものと言えるかもしれません。

ビクトリーステージで歓喜する大黒ら横浜FC選手達
 この試合で、まさに「輝き」を見せた横浜FCの選手達。果たして、次節のvs甲府戦以降も同様に「輝ける」事が出来るのだろうかが、この先の行方を占う上で重要となるのは間違いないでしょう。現状、一度は「マイナス」に落ち込んだところを漸く「底を打った」ところで、この先さらに「這い上がっていく」ためには、さらに「強い気持ち」でもって勝ち続けていくしかないのが正直なところかと。勿論、その道のりは険しいでしょう。

 ただ、「今宵の月のように」の最後の部分はこのように締められています。

 明日もまた どこへ行く 愛を探しに行こう
 いつの日か 輝くだろう あふれる熱い涙
 明日もまた どこへ行く 愛を探しに行こう
 見慣れてる町の夜空に 輝く月一つ

 いつの日か 輝くだろう 今宵の月のように...


 そう、「いつの日か輝く」ために、この試合で見せた「強い気持ち」を忘れることなく突き進んでいけば、この日の夜の満月のように「光り輝く」結果がもたらされる。そう信じて、この先も試合に臨んでいきたいところです。



http://yoneza.seesaa.net/article/148218911.html
スポンサーサイト

いい勝ち方でした

こんばんは!
私も帰る道すがら試合中には気付かなかった満月が目に入りました。すっきりするとふと空を見上げる余裕が出来るんだな・・・とその時に思ったことを覚えています。

昨日の試合や他の試合を見て思ったのですが、J2のチーム間には多少の力の差はあっても勝てない相手など1チームもないのではないか?ということです。
3位大分からの勝利もそうですし、ユータ率いる岡山も上位の千葉、徳島を撃破しています。
(ユータ初アシストおめでとう!)
いかに自分のチームの力を出し切るか・・・ここに尽きるのではないかと思いました。

マラニョンが覚醒して好調な甲府ですが、去年も勝っていますしチャンスは大いにあるはず!
選手には自分達の力を信じて頑張ってほしいですね!

本当に嬉しい勝利です

>ゆうじさまさん
 こんばんは。
 確か、ハーフタイムだったか試合終了後だったか、ビジョンに満月が映し出されているのを見て「おお、見事だ」なんて気付いたのですが、やはり勝った時に見る満月は本当にいいものだな、と感じました。

 それにしても、慢心する訳ではありませんが、上位とは勝ち点で案外と差が無いんですよね。ちょっとビックリ。ただ、逆を返せば自分達も油断すれば・・・(汗)。そこは十分に気を付けて、チャンスを生かせるよう頑張ってほしいです。
 あとは、選手達にはこの試合で得た自信を忘れずに!というところでしょうか。次節の甲府戦、頑張りましょう!

29日はお疲れ様でした。気がつけばもう明日は甲府戦。明日もがんばりましょう!

そうなんですよね、もう明日・・・

>あんころもちさん
 こんばんは。そういえば、もう「明日」には甲府戦なんですよね(汗)。明日も勝てるよう、頑張りましょう!

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://giocatore.blog9.fc2.com/tb.php/3915-67ce5191

2010年J2第9節 横浜FC-大分トリニータ 「新しい始まりの日」

昨年終盤に日本サッカー界に激震が走ったのは大分の経営難だろう。J2降格、累積赤字、Jリーグからの巨額の融資。もしかしたら2010年のJ2すら参加できないのではないか。大分のサポーターだけでなく、全国のサッカーファンが心配していたに違いない。 その不安の中で、大分...

2010J2第9節 横浜FCvs大分トリニータ

 いやはや、今日は大変でした。川崎で仕事があり、それが終わったのが5時過ぎ。直接三ツ沢なら早かったのですが、むすめと観戦する約束で...

2010年 J2第9節 横浜FC 対 大分  

2-1 一丸となっての勝利。連敗を5で止める。 得点 横浜 7分 西田、34分 大黒

 | HOME | 

Calender

04 ≪│2017/05│≫ 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

GF

  • Author:GF

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

LINK

カテゴリー


FC2Ad

秋山澪

中野梓

2012・横浜FC日程等

カウントダウン&アップ

ブログ内検索

グーバーウォーク

「あわせて読みたい」

あわせて読みたいブログパーツ

BlogRoll(仮)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

List me!

RSSフィード

RSS Validator (feedAnalyzer)

QRコード

QRコード

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値&経県マップ

詳細はこちらを参照
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。