FC2ブログ

競馬、サッカー、雑事など記す「何でもあり?blog」です。「別館」ブログは下のタブからどうぞm(_ _)m

  Ali della liberta (in Stadio)のナビゲーター   トップページ > ニュース・時事 > これはショック?吉野家と「キン肉マン」の確執が表面化?  

これはショック?吉野家と「キン肉マン」の確執が表面化?

2010 - 04/14 [Wed] - 16:31

ココロニュース「キン肉マンとすき家提携の裏」 今日の午前中、ツイッターを眺めていたところ、吉野家に関して「キン肉マン」の原作者であるゆでたまご氏(厳密には嶋田氏)が自分のツイッターで、吉野家との「確執」とも取れる「舞台裏」を明らかにしていた。
 このツイートには、正直大きな衝撃を受けた。

 残念ながら(?)、この嶋田先生のツイートは「消去」されてしまっているが、幾つかのポータルサイトで取り上げられているので紹介したい。

・牛丼戦争に予期せぬ風が――、キン肉マン著者が牛丼事情明かす(livedoorニュース)
 http://news.livedoor.com/article/detail/4716027/
・『キン肉マン』の作者が異例のコメント「吉野家さんを嫌いにならないで」(ロケットニュース24(β))
 http://rocketnews24.com/?p=30134

 これらの記事を見てみると、吉野家側の「不義理」がどうしても目に付いてしまう。番組上で散々「吉野家の牛丼」を宣伝していたキン肉マンを、自分も子供の頃よく見ていたものであり、やはり自分にとって今でも「牛丼=吉野家」というイメージを持っているだけに、俄かには信じられない思いだった。

 果たして、番組で吉野家を盛んに宣伝していたにもかかわらず、ロイヤリティーはともかくスポンサーにも付かなかった事実が、裁判になりはしないか?とも思ってしまう。
 それはともかく、昨年あたりにあった「29(にく)周年記念」は、嶋田氏が原作でモデルとした「なか卯」と同系列店の「すき家」で行われていて、当時はかなりの違和感を感じたものだった。しかし、今回の「告白」で真相がはっきりした。これも、当然ながら衝撃だった。

 それにしても、所々で垣間見えるのが、吉野家の「小回りの利かなさ」というか「殿様商売的な視点」と言えるものを、自分としてはこの件を通じて何となく感じ取ったものだった。
 今回の件以外でも、かつての「BSE問題」の際には米国産牛肉にこだわりを見せ、頑なに「牛丼の一品メニュー」で通そうとしたところに、どこか「融通の利かなさ」を感じ取れる。今回の件で「キン肉マン29周年企画」をにべもなく断ったというエピソードも、そうした吉野家の「態度」が見え隠れする感じだ。

 でも、その一方で、やはり「牛丼=吉野家」という感じに、自分もどこの牛丼が好きか?というと、やはり「吉野家の牛丼」と答えてしまうだろう。それだけ、自分の嗜好にマッチしてるのは、松屋のでも、すき家のでも、なか卯のでもなく、やっぱり吉野家の牛丼だと思う。
 それだけに、今回の件は本当に残念な話だ。しかし、嶋田氏が「吉野家を嫌いにならないで」と最後に語っていた事に、少し救われる思いがしたものだ。



 しかし、今現在の吉野家はどうもねぇ・・・。
 「味」についてはいいんだけど、料金設定ではライバル企業に完全に後れを取ってる気がするんですよ(汗)。
 そもそも、昨日あたりからの期間限定で出てる「軽盛」が300円ってのは、それまで並盛を270円で売ってた直後からすれば「客をバカにした話」かと。

 この分だと、まだまだ吉野家の「迷走」は続くのではないだろうか・・・・・

以下ツイートのコピペ(原文まま)。

・私は大阪なんでなか卯が大好きで 作品中も描いてたんですがアニメ始まるときに吉野家が東映さんにキン肉マンの食べてる牛丼を吉野家にしてくれないかと打診あり当時のプロデューサーがOKしたみたいで、その時は吉野家は倒産していて 是非ともこの話しをまとめたかった

・かくして毎週キン肉マンが美味しそうに食べる牛丼にこれまで 牛丼屋にこなかった子供たちがおしよせるようになり吉野家は倒産から再建に成功、ただし吉野家はキン肉マンの番組でいちどもスポンサードしたことないタダで宣伝再建したようなものです。

・たしか吉野家がしてくれたのはバフルのときに赤坂にあった高級牛丼のタダ券三枚くれたのと永久でタダで食えるふれこみだったどんぶりに湯飲みセット(まぁ ただで食べられなかったんだけど)

・そしてキン肉マンが29周年むかえたときお祝いの一環として集英社が吉野家に「なにかお祝いしませんか今こそ恩返しするチャンスです」てふったところ「いや私どもはやる気はありません」とそこで手を挙げたのがすき家さんで「なか卯とうちは業務提携してます。ぜひともお祝いさせてください」

・トリビアの時も店員はゆでたまごが来るのは知っていて あの周りの客もみんな吉野家の社員だったのです。つまりみんなして私がタダで食べられないところを見ていた…悔しかったです、恩を仇で返されたとはこのことです。だから彼らはすき家との提携の時なにもコメントだせなかったのです。

・アニメが始まった28年前当時の吉野家の人間はタダで会社再建させてもらったキン肉マンに感謝してるんです。しかし今の社員は華原朋美がはやらせたとか訳わららんこと言ってて しょうがないことなのかなとみなさんがキン肉マンでなく華原で食べにいくようになったんなら仕様がありませんが。

・吉野家が狂牛病騒ぎの時もマスコミはゆでたまごの話しを一番に取りたかったしかし集英社に全ての取材をストップさせられました。なにを言い出すかわからないからしかしすき家との提携で金で寝返った、吉野家うらぎったと聞くに絶えない言われ方をしましたのでいつか真実を語りたいと思った次第です

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://giocatore.blog9.fc2.com/tb.php/3875-fa366f30

ゆでたまご嶋田氏が吉野家との確執を暴露

このブログでの最新4つの記事の流れで、どうしても避けられないネタがありました。 週刊少年ジャンプの黄金期を支えた1つであり、日テレでのアニメも毎週のように観てた『キン肉マン』の作者である「ゆでたまご」の1人の嶋田氏が、キン肉マンと牛丼に関するエピソー...

牛丼戦争はどうなる? 吉野家「超特盛・軽盛」登場へ

まぁ、このブログで牛丼戦争採り上げるのはどうなの?とは思いますが、とりあえず・・・

キン肉マン吉野家の確執+すき家

絶縁状つきつけたキン肉マン作者が吉野家と「確執」激白 経営不振にあえぐ大手牛丼チェーン「吉野家」に、かつての“応援団”が絶縁状をつきつけた。同社の知名度アップに大きく貢献した人気アニメ「キン肉マン」の作者がブログで吉野家との確執について暴露したのだ。?...

Give & Take

「キン肉マン」の作者であるゆでたまご氏(のうちの嶋田氏)と吉野家の間に確執があるなんて話がありました。 「恩を仇で返された…」吉野家との確執を『キン肉マン』作者が激白(オリコン) ちなみに、確執が顕在化した?時のことも書いたりしています。 キン...

 | HOME | 

Calender

05 ≪│2020/06│≫ 07
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

GF

  • Author:GF

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

LINK

カテゴリー


秋山澪

中野梓

2012・横浜FC日程等

カウントダウン&アップ

ブログ内検索

グーバーウォーク

「あわせて読みたい」

あわせて読みたいブログパーツ

BlogRoll(仮)

ブロとも申請フォーム

List me!

RSSフィード

QRコード

QRコード

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値&経県マップ

詳細はこちらを参照