FC2ブログ

競馬、サッカー、雑事など記す「何でもあり?blog」です。「別館」ブログは下のタブからどうぞm(_ _)m

  Ali della liberta (in Stadio)のナビゲーター   トップページ > 中央競馬関係雑感 > フェブラリーS観戦記(…というよりセントポーリア賞&初音S観戦記?)  

フェブラリーS観戦記(…というよりセントポーリア賞&初音S観戦記?)

2010 - 02/22 [Mon] - 21:40

見事に勝利しウイニングランから戻って来たエスポワールシチー
 いやはや、エスポワールシチーの強さには脱帽です!・・・・・といった感じのフェブラリーステークス。そんなレースを見に、朝早くからわざわざ東京競馬場までいったのですが、個人的印象は「その前」のレースの方が強かったんですが(爆)。もっとも、馬券的な意味で、ですが(ヲイ)。

 今回、それこそ競馬場での生観戦を決めたのは、急な思いつきによるもの。当初はJRAカードによる指定席予約も先着発売分が早々に売り切れて諦めようとしたものの、友人であるササンガム隊長から誘いを受けて、とりあえず「一般席でも開門までに行けば椅子には座れるだろう・・・」と思い、生観戦決定。眠い目を擦りながら開門前に東京競馬場に到着したら、意外にも(?)当日発売分の指定席が買えそうだったので、すぐさま指定席を選択。おかげさまで、余計な疲れもなく観戦することが可能となり、本当にありがたかったものでした。ただ、この時期らしく結構寒かったのですが・・・

 寒いと言えば、自分の「懐具合」も中盤戦まではあまりよろしくない状況(汗)。ササンガム隊長は3連単で手広く流すなどして「行ったり来たり」の状況で羨ましく思ったものでしたが、そんな自分にとって運気の流れを変えたのが、9Rのセントポーリア賞。
 このレースまでに芝コースでのレースは3つ行われ、「内枠・先行馬有利」「外差しが利かない」という傾向がでてたので、1番人気ながらも後方からの競馬が多いタイセイレジェンドより、先行出来るバシレウスを軸にして先行出来そうな馬などへ馬単マルチ流し。これが見事に嵌まって、馬単万馬券を的中。この時点ではまだ収支はマイナスだったものの、それまで負け続けてたこともあり、気分的にも随分と回復したもので「このまま押せ押せで行こう!」と思ったもの。
バシレウスと蛯名騎手(セントポーリア賞の表彰式)
 そして、続く10Rの初音Sでもブライティアパルスが逃げ切り、2着にマイネプリンセスが残った事で連続での馬単万馬券的中。クーデグレイスとブライティアパルスの2頭を軸にして、先行主体で考えたものでしたが、おかげで3連複も的中し、これで一気にプラス収支に持って行けたので、メインのフェブラリーSはかなり余裕な心持ちで見る事が出来ました(笑)。いや、これまで「勝って帰った時」でもメインの時はプラス収支まで行けてない事が多かったので、これは本当に珍しいものですよ(汗)。

 さて、メインのフェブラリーS。
 ただただ、エスポワールシチーの強さばかりが目立ったかな、と。そんなレースでした。
 ローレルゲレイロがハナを叩いて、エスポワールシチーが2番手。道中はさすがに速い流れで厳しいレースとなったが、直線坂下のあたりで早くもエスポワールシチーが抜け出し、それにサクセスブロッケンが追いすがる展開。しかしその差は詰まるどころか広がっていき、サクセスブロッケンに替わって内から二番手に進出したテスタマッタも差を広げられないようにするのが精一杯。結局、エスポワールシチーがテスタマッタに2馬身半差を付けて快勝し、想定される「海外遠征」に向けて強烈なデモンストレーションとなった感じでした。
直線でエスポワールシチー(4番)が早くも抜け出そうとする
 このレースの馬券については、今更な感じですが「芝馬」を買ってしまった分、儲けが少なくなってしまったかな?という感じでした。結局、このレース分だけで見れば「トントン」といった感じですかね。

 その後、迎えた最終レース(メイセイオペラ・メモリアル)では、メイセイオペラの主戦騎手であった菅原勲騎手が誘導馬に乗って登場し、場内から拍手喝采だったことに思わず笑みがこぼれそうになったり、とか(笑)。
誘導馬に乗って登場した菅原勲騎手
 最終レースは外してしまったものの(メインが堅かった分、やっぱり荒れた?)、最終的には2本の万馬券的中が効いて大幅なプラス収支に。これは、やはり競馬場に来て馬場の傾向が読めたことが「勝因」なのかな?と思ってます。そうでなければ、バシレウスからの馬単流しも、ブライティアパルスを狙ったりも(多分)してませんから。

 ともかく、これまでに無いくらいに「いい思い」が出来た今回の生観戦。寒かった思いをした以外は、本当に有意義に過ごせたものでした。おまけに、一緒に来たササンガム隊長からは「君と一緒にいると高配当が付くように運気が流れてくるから、また一緒に来い」と言われたりも(笑)。
 そんな訳で、今後の競馬観戦でも「こんな調子で行ければいいな」なんて思ったのは、言うまでもありません(爆)。

 あと、フェブラリーS出走馬についての個人的雑感を。

1着:エスポワールシチー
 文句無しの勝ち方。ローレルゲレイロの引っ張る厳しい流れを2番手で付いていき直線で押し切る強い内容はもとより、自身の刻むラップが極端に落ちることなく持続したスピードを見せた格好。昨年同レース4着時よりあらゆる意味で成長した姿を見せた。噂されるドバイワールドカップへの遠征でも、現地の環境への適応とオールウェザー馬場への適正に問題が無ければ、好成績を残せる可能性はあると見る。

2着:テスタマッタ
 いかんせん差し脚質だったのがこれまでのダートグレード競走で「後一歩」の成績となっていたが、東京コースの長い直線と展開を味方に2着まで押し上げた。使われて一戦ごとに強くなってきている感じで、今後も躍進が期待できそう。

3着:サクセスブロッケン
 エスポワールシチーとの差は6馬身(=1秒)程で、ほぼ「勝負付けは済んだ」格好に。この馬自身、急激に衰えてきた訳ではないが、中央ダートでのスピード勝負には徐々に向かなくなってきている予感。勿論、地方のダートグレード競走ではまだ期待できそうだが、次走予定としているゴドルフィンマイルは相手次第かも。

4着:ケイアイライジン
 大健闘。ただ、次走(未定)については人気とのバランスを考えると難しい感じも。しかし、先行して残っている実力から、GⅢ位はいずれ獲れそうな感じか。

5着:グロリアスノア
 後方からの競馬となり厳しい展開に。それでも掲示板に載ったのだから、今後もダート重賞で主役を張れそうだ。

7着:ローレルゲレイロ
 「芝馬」の中では最先着。ダート適性は問題なさそうで、結局のところは「距離の壁」か。ただ、ドバイゴールデンシャヒーン挑戦はさすがに・・・(汗)

9着:スーニ
 後方からの競馬となってしまうなど、不本意な競馬に。今後も「気性面」が課題として付きまとうか。

10着:リーチザクラウン
 武豊騎手のコメントによれば、ダート適性よりも久々のマイル戦で戸惑い行き脚が無かった、との事らしい。いろんな意味で「慣れ」の問題だったろうが、そろそろどこかで「勝ち癖」を付けるのに迷いが生じているように見える。今後も試行錯誤が続くとなると・・・?

12着:レッドスパーダ
 こちらもダートへの「慣れ」の問題だったか。ただ、ペースの違いもあるかもしれず、芝レースでも大きいところ(安田記念とか)を狙うには、厳しいペースで揉まれた今回は「いい経験」となる筈。



http://kinomukumama.s2.zmx.jp/blog/2010/02/10re_febs.php
http://kaz-yama.cocolog-nifty.com/keiba/2010/02/post-ebd5.html
スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://giocatore.blog9.fc2.com/tb.php/3730-939bf0a4

フェブラリーS、京都記念、クイーンC回顧

エスポ強すぎるとしか言いようが無いwww ドバイに向けて視界良好といったところでしょう。 フェブラリーS結果 1着◎エスポワールシチー 2着▲テスタマッタ 3着△サクセスブロッケン 4着 ケイアイテンジン 5着△グロリアスノア エスポワールシチーが1番人気に応えて...

エスポ君圧勝

今年最初のJRAのG1フェブラリーSは、昨年最優秀ダート馬となった1人気エスポワ...

ダート王の称号は渡さない!! 世界制覇に向けて視界良好!! 【競馬 第27回フェブラリーS結果】

競馬の第27回フェブラリーSが東京競馬場で行われ、単勝1.7倍の圧倒的1番人気に支持されたエスポワールシチーが最後の直線で鋭く抜け出すと、2着テスタマッタ以下を寄せ付けず圧勝。昨年のJCダートに続く中央G?のタイトルを獲得した。 芝の実績馬も参..

フェブラリーS(単勝・馬単的中^^)・京都記念・クイーンCの回顧

【フェブラリーS】東京D1600m1~5着馬の血統は左の表のようになっております。

【レース回顧】第27回フェブラリーS 他

先週のレース回顧。予想が外れると、気分が乗らないせいか、回顧記事のUPが遅くなってしまいますまずは、日曜日に行われた今年最初のG1レース、フェブラリーステークスの回顧から。哲...

メイダンへ向けて視界よし フェブラリーSと京都記念の結果&回顧

土日の3重賞全てで1番人気馬が人気にこたえたのみならず、力の差を見せたレース振り。 おまけに全て枠連ゾロ目決着で揃えてきました。 ここ...

フェブラリーステークス回顧

第27回フェブラリーステークスが21日、東京競馬場で行われた。 1番人気は、4 エスポワールシチーで1.7倍、2番人気は、6 サクセスブロッケンで6.4倍、3番人気は、8 レッドスパーダで9.3倍、4番人気は、14 リーチザクラウンで9.5倍。10倍以下の人気は以上4頭。 13 ローレ?...

回顧・フェブラリーS

芝から転戦してきた馬たちは全滅だったですね。 元々芝の馬とダート馬では体格が違います。 今回出てきた馬たちは芝の短距離で結果を出していました。 短距離の馬は脚の回転が速い走法なのでダートでも通用すると 考えたのでしょう。 ローレルゲレイロ以外は芝のG1では?...

(レース回顧)エスポワールシチー

フェブラリーS(◎エスポワールシチー 単複的中) 最後まで、エスポワールシチーが圧倒的な人気を集めたフェブラリーS 芝から好スター...

フェブラリーSなどの回顧

第27回 フェブラリーステークス(GI) 1着4○エスポワールシチー 2着3…テスタマッタ 3着6◎サクセスブロッケン 馬連    3-4    890円 3連単  4-3-6  4,190円 むむむ・・画像の3連単より遥かに重く持っていた馬単と馬連は?...

フェブラリーS回顧 エスポワールシチー圧勝でドバイへ!

圧勝でしたね~!昨日のブエナビスタに続き今日もドバイが非常に楽しみになる結果。エスポワールシチー5連勝でいよいよドバイへ!フェブラリーS 予想 1着◎エスポワールシチー 2着×テスタマッタ 3着×サクセスブロッケン 4着-ケイアイテンジン 5着〇グロリ...

フェブラリーS((結果))

2010年2月21日(日) / 東京 1600m ダート・左 / 晴・良 サラ系4歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量 1[2] 4 ○エスポワールシチー 牡5 57 佐藤哲 1:34.9 1 2[2] 3  テスタマッタ    牡4 57 岩 田 2.1/2 5 3[3] 6 ▲サクセスブロッケン 牡...

これがダート王者の実力だ!エスポワールシチードバイ制覇へ視界良好!

2010年の中央競馬のGIレース第1弾、ダート日本最強決定戦・第27回フェブラリーステークスが21日、東京競馬場で行われました。このレースは当初は16頭立てでしたが、?オーロマイスターが感冒のため出走取消となり、15頭立てで争われました。今年のフェブラリーはダートと?...

 | HOME | 

Calender

01 ≪│2020/02│≫ 03
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

プロフィール

GF

  • Author:GF

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

LINK

カテゴリー


秋山澪

中野梓

2012・横浜FC日程等

カウントダウン&アップ

ブログ内検索

グーバーウォーク

「あわせて読みたい」

あわせて読みたいブログパーツ

BlogRoll(仮)

ブロとも申請フォーム

List me!

RSSフィード

QRコード

QRコード

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値&経県マップ

詳細はこちらを参照