FC2ブログ

競馬、サッカー、雑事など記す「何でもあり?blog」です。「別館」ブログは下のタブからどうぞm(_ _)m

  Ali della liberta (in Stadio)のナビゲーター   トップページ > プロレス・格闘技 > 「大日本プロレス・後楽園大会(11/20)」観戦記(後編)  

「大日本プロレス・後楽園大会(11/20)」観戦記(後編)

2009 - 11/23 [Mon] - 22:42

 さて、前編からの続きで、いよいよメインイベント。否が応でも「6年越しの一戦」に向けて盛り上がります。
試合前の両選手及びレフェリー<メーンイベント カミソリ十字架ボード +αデスマッチ 30分1本勝負>
●伊東竜二
(29分45秒 リバースタイガードライバー〔サボテン有刺鉄線&画鋲の上に〕→片エビ固め)
○葛西純

 試合、というより「死合」ですが、これはもうお互いが死力を尽くすのは勿論のこと、とにかく「狂いっぷり」も凄かったというか。お互い、何か「凄み」を魅せたり、それこそ「狂気の沙汰」と言い様がない位の事を、ある意味「平然と」やってのけてました。本当に恐ろしい!

 この後は長くなるんで「続き」にて!

 とりあえず要約すると、こんな「流れ」ですかね・・・

・序盤はクラシカルな立ち上がり。時折「カミソリ十字架ボード」めがけての投げ合い(お互い阻止)
 ↓
・場外戦でのもみ合いから、南側雛壇客席で伊東が葛西に向けテーブルダイブ!
 場外戦でテーブルを持って鬼気迫る表情の伊東もう、この表情!鬼気迫ってます(汗)
 ↓
・しかし、リングに戻ってから、伊東が最初に「カミソリ十字架ボード」に被弾!
 最初に「カミソリ十字架ボード」に被弾したのは伊東出血こそなかったが、明らかに大ダメージ!
 ↓
・この後、葛西がイス殴打&噛み付きで攻めるも逆に伊東が「覚醒」
 ↓
・伊東が反撃。今度は葛西をカミソリボードめがけて投げつける!
 今度は伊東が葛西をカミソリボードめがけて投げつける!この後もカミソリボードを巡る攻防が続く(汗)
 ↓
・勝負に出た伊東。まずはドラゴンスプラッシュwith有刺鉄線付きサボテン!
 伊東のドラゴンスプラッシュwith有刺鉄線付きサボテンサボテンだけでも痛そう・・・
 ↓
・しかし、今度は葛西も反撃。場外戦で伊東を捉え、客席にテーブルを設置して縛り付ける
 ↓
・そして、葛西は2階バルコニー席へ!
 2階バルコニー席の縁側からダイブしようとする葛西選手。その落差、約7m!
 ↓
・そこから7m下の伊東めがけてダイブ!机は当然真っ二つに割れ、伊東は大ダメージ!
 ↓
・しかし、カウント2で返す伊東。心は折れず。
 ↓
・ならば、とばかりに今度はパールハーバースプラッシュ!
 葛西がゴーグルを手にする。これは・・・・必殺の「パールハーバースプラッシュ」だ!
 ↓
・だが、カウント3は許すまじ。今度は伊東が逆襲せんと持ちだしたのは何と画鋲!
 何と伊東が大量の画鋲をリング上にばら撒く!それをリング上に大量にばら撒いた!
 ↓
・ここから伊東が一気に畳み掛ける。そして、伊東が持ち出した「禁断アイテム」は…
 伊東が大量の蛍光灯の束を持ちだし、葛西の上に乗せる。もしや・・・やはり出た!大量の蛍光灯の束!
 ドラゴンスプラッシュwith蛍光灯の束が炸裂!そして、そこへドラゴンスプラッシュ!決まったか?
 ↓
・しかし、それを返す葛西!気がつけばこの時点でもう残り時間が少なくなっている。
 ↓
・両者一歩も引かない展開に。しかし、残り1分間際のあたりから葛西が一気に仕掛ける!
 ↓
・そして、残り30秒を切りリバースタイガードライバー!
 葛西がカミソリボード&サボテンめがけてリバースタイガードライバー発射!これで決まりか?
 遂に葛西が伊東をフォール!そしてフォールしてカウント3!残り15秒で見事に決めた!
 ↓
・葛西が激勝!本当に凄まじいまでの死闘だった・・・・
 
葛西が伊東に「今日で終わりじゃねぇぞ」と言い放つ
 そして、葛西は大歓声を一身に浴びながら、伊東に言い放つ。「オレら2人の戦いは今日で終わりじゃねぇぞ」と。
 伊東も、「今日は楽しかったが、その1000倍悔しい」と受けて立つ態度を示す。そうしたら葛西が「年度一杯での引退も考えていた」と衝撃の告白!しかし、すぐさま「この両ヒザがぶっ壊れるまでやってやるよ!!」と言い放ち、戦い抜く決意を示した。

 戦いが終わって、それこそもう言葉が出なかった。涙が出るとかそういうものではなく、何か例えようのない、惹き付けられるような思いが募っていった。まさか、プロレスの試合でここまでの気持ちにさせられるとは思ってもいなかったのは、不覚と言うべきか何と言うべきか。

 この「後がない」とも言えた二人だからこそ、これだけの「死合」が出来た。そして、その因縁や歴史などをひっくるめて、ある種の「一大絵巻」を観終わった後の「読後感」に似たものを感じたのではなかったか。
 いや、そんな「読後感」なんて生易しいものではない。とにかくそこには泥臭い、お互いの生き様を賭けた「何か」があったのは間違いない。

 とりあえず、単純かもしれないけど、この二人に対して「贈る言葉」は素直にこう言おう。

 葛西、伊東、ありがとう!と。
スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://giocatore.blog9.fc2.com/tb.php/3449-be1e62f3

2009/11/20 大日本(後楽園)

久しぶりの大日本 もちろん葛西伊東目当て。 この試合がコケるようだと90年代から続く和物デスマッチスタイルの最終回になるような気持ちさえする。 会場は超満員バルコニーや南側立ち見まで入ってる。 「YFCは今日は入れません」の張り紙も入り口にあったのでほぼ?...

 | HOME | 

Calender

08 ≪│2020/09│≫ 10
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

GF

  • Author:GF

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

LINK

カテゴリー


秋山澪

中野梓

2012・横浜FC日程等

カウントダウン&アップ

ブログ内検索

グーバーウォーク

「あわせて読みたい」

あわせて読みたいブログパーツ

BlogRoll(仮)

ブロとも申請フォーム

List me!

RSSフィード

QRコード

QRコード

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値&経県マップ

詳細はこちらを参照