FC2ブログ

競馬、サッカー、雑事など記す「何でもあり?blog」です。「別館」ブログは下のタブからどうぞm(_ _)m

  Ali della liberta (in Stadio)のナビゲーター   トップページ > ニュース・時事 > 「77年前の今日」を考えながら、明日の民主党代表選に思うこと  

「77年前の今日」を考えながら、明日の民主党代表選に思うこと

2009 - 05/15 [Fri] - 21:45

 今日が5月15日、ということでいろいろ考えると、例えば37年前の今日がいわゆる「沖縄返還」の日だったり、もっと最近でいけばJリーグ開幕も16年前の今日だった(ヴェルディ川崎vs横浜マリノス)。だが、今年の「今日」は、ふと「77年前の出来事」が頭に浮かんだものだった。

 いわゆる、「五・一五事件」である。

 事件の概略については、ここでは多くは語らないので、ウィキペディアのページなどを参照して欲しい。
 ここで気になったのは、この事件を境にして「政党政治」から「軍閥政治」へと転換していき、日本が戦争を遂行していく「全体主義国家」への道を歩んでいったことだ。もちろん、この事件の前年に満州事変があったり、浜口雄幸首相襲撃事件があるなど不穏な空気に満ちてはいたのだが、この「五・一五事件」では時の首相である犬養毅が暗殺されるという、とてもショッキングなものだった。それは、犬養が政党政治の「象徴」のようなものであり、それが凶弾に斃れたというものだから、その衝撃は計り知れないものがあったといえよう。

 しかし、この時期は、犬養率いる立憲政友会と、その前に首相だった若槻礼次郎が率いる民政党がしばしば政権奪取に向けて互いを「攻撃し合う」関係になっていたものだった。そして、政権奪取のためには、両党とも「何でもあり」で相手を攻撃していたと聞く。先日のNHKでやってた番組の中で、大日本帝国憲法と当時の政治を解説するものをやってて見てたのだが、軍縮会議と、軍に関わる統帥権を引き合いに出したりして相手の「政権下ろし」をしていたのが、その当時の犬養だったというのだから、個人的には少しばかり驚いたものである。それは、犬養の伝聞による人柄と少しばかりギャップを感じたからに他ならない。ただ、犬養個人の人柄よりは「立憲政友会総裁」の立場というのもあったのだろう。まずは、相手を下さなければ自分の政治信条を発揮できない、ということなのかもしれない。

 さて、ひるがえって現代。気がつけば、あっという間に明日は民主党の代表選が行われる。
 つい先日に小沢一郎が代表を辞すると発表があったばかりだというのに、傍目から見れば論議らしい論議も見えないままに、いつの間にか「鳩山由紀夫vs岡田克也」という図式のまま突き進んだ感がある。もっとも、これが自民党支持の立場から批判するのであれば、それこそ足下を見られてしまう感じだが、やはり政府与党に対して「十分な審議を」と言っておきながら些か拙速な代表選日程策定には、あまりいいものではないと思う。それは、「政権交代」に向けて早く代表を決めて体制を整えたい腹の内が見て取れる。
 一方の自民・公明の与党両党は、世間で言われるように政権にしがみ付くのに必死だというのは、もはや周知の事実と言える。そんな「醜態」をさらしているのを自覚しているのか、与党幹部から表立って民主党への批判はされてないようだが(むしろ政府シンパのネット言論人が民主批判の急先鋒となっている感)、マスコミを「動員」して必死に「分断策動」に動いていると言われているとか。

 何だか、お互いが「政権を取る」ことばかりに腐心して、国民の生活不安をどう解消していくかというのが見えてこない。これでは、77年前の時期のように、有力政党が互いを攻撃しあい、結局は軍部に付け入る隙を与えたかのように、悲劇的な方向へ進んでいることを暗示しているかのように思える。

 特に民主党は、2年前の参院選から小沢代表(当時)が口酸っぱく言っていた「国民の生活が第一」の理念のもとに政策を実現していく責務があるだろう。そういう意味では、「政権交代」は手段であって目的ではないはず。今の自公政権の政策で暮らしがきつくなるばかりだと思ってる有権者の「受け皿」として期待されているのであれば、民主党はその期待に応える責務があると思う。

 そんな訳で、明日の代表選。鳩山・岡田、どちらが代表に就こうとも、「国民の生活が第一」という理念は忘れないで欲しいと思う。そして、そこには本来なら「親小沢」とか「反小沢」の概念なんか、外野含めてそれこそ必要なんかないはずであると思う。


(おまけ)
ココロニュース「民主代表選、カエル男vs宇宙人?」
 しかしココロちゃんよ、言うに事欠いて「カエル男vs宇宙人」って何だよ?(苦笑)
スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://giocatore.blog9.fc2.com/tb.php/2558-5b298986

 | HOME | 

Calender

04 ≪│2021/05│≫ 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

GF

  • Author:GF

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

LINK

カテゴリー


秋山澪

中野梓

2012・横浜FC日程等

カウントダウン&アップ

ブログ内検索

グーバーウォーク

「あわせて読みたい」

あわせて読みたいブログパーツ

BlogRoll(仮)

ブロとも申請フォーム

List me!

RSSフィード

QRコード

QRコード

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値&経県マップ

詳細はこちらを参照