競馬、サッカー、雑事など記す「何でもあり?blog」です。「別館」ブログは下のタブからどうぞm(_ _)m

  Ali della liberta (in Stadio)のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 横浜FC > 「横浜FCvs湘南ベルマーレ」観戦記 ~見えてきたもの~  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「横浜FCvs湘南ベルマーレ」観戦記 ~見えてきたもの~

2008 - 03/16 [Sun] - 23:51

 まずは、ホーム開幕戦であり「ニッパツ三ツ沢球技場」こけら落としとなった、この試合を勝った事について、素直に喜びたい。
今日のMVP、アンデルソン選手


 試合については、ありがちだけど「良いところもあれば、悪いところもあった」。ただ、先週の開幕戦と比べれば、全体として選手の動きがしっかりしていて、ある程度の連携が取れていたことに好感が持てた。特に、開幕戦で目立たなかった長谷川が、アンデルソンとのコンビプレイで湘南DFラインを切り崩していけば、開幕戦でポカが多かった?中田洋介も効果的なオーバーラップを見せ、3点目の演出もしてくれた。三浦淳のFKも切れていて、かつての「魔球FK」復活の予感もさせてくれた。ただ、今日の試合での「良いところ」については、アンデルソンに尽きるだろう。とにかく凄い。あれだけの「決め手」を持っていれば、現時点で他チームに対して相当優位に立てられるのは間違いない。キープ力もあるし、相当安心して見ていられるものだった。
先制点となるPKを決めるアンデルソン選手 2点目(これもPK)をアンデルソンが決める


 ところで、この試合を見て感じたのは、都並監督のめざそうとしているサッカーが少しずつ「見えてきた」ということだろうか。「戦術=アンデルソン」となるかはどうかともかく(笑)、全体で見て思ったのは、
 1)両サイドの活用
 2)パサーはいないけど、ボールの動きと人の動きが連動する
ということだろうか。
 1)については、右サイドで山田卓也中田洋介が湘南の左SB三田の裏を効果的に突いたり、絶妙なポジショニングを行なっていた。一方、左サイドでは滝澤が効果的なパス&ドリブルを見せれば、三浦淳がロングフィードで攻撃の基点となっていた。そこに、長谷川らもフォローに入ったりしていき、効果的なサイドアタックを演じていた。
 そして2)についてだけど、1)で挙げたサイドアタックに対し、前出の長谷川の他、エリゼウうや根占も時には絡んで行っていた。開幕戦時にはフォローが足りなかった感はあったが、今回は人とボールの動きが連動し、見ている者の心を相当ワクワクさせてくれた。典型的な「ゲームメーカー」がいなくても(滝澤あたりとて「パサー」とは言えないだろうし・・・)、これだけのシーンを何度も作れるというのは、今までの横浜FCを見ていて、そうそう無かった事である。だからこそ、都並監督の「考え」を見れば見るほど、今後の先行きに明るい兆しみたいなものを感じてしまったりしたものだ。

 もっとも、課題も無い訳ではない。それは、集中力に欠けた場面がそれなりに見かけられたこと。湘南の2点目(三田のゴール)が、正にそれだった。DFがクリアできなかったこともあるが、GK小山や吉本、八田らがお互い「お見合い」してた感じだったし、この失点が横浜FC3点目の直後だっただけに、もう少し集中して欲しかった。そんな感じだった。

 そんな「危ない」部分に対して、選手個々の集中力とかはどうにもならないとしても、戦術や攻守の流れの中で修正をかけるというところでは、都並監督の「的確な交代」が意外にも?嵌っていたと感じた。
 具体的には、エリゼウから戸川に交代した後、戸川を入れて3バック気味に。さらに山田がボランチに付き、時には三浦淳も中盤で守備に回り、アジエルやリンコンの中央突破を何とか食い止めていた。戸川が出てきたときに「どのポジションで使うのか?」という疑問があったが、成る程そう来たか、と思ったものである。都並監督も、中々の「役者」である。
中田洋介選手と湘南の加藤望選手
必死の守りで湘南の猛攻撃を防ぐ横浜FC


 今後、このような「引き出し」をどれぐらいストックできるか。今回決まったサイドアタックも、そう何度も通用するとは限らないし、修正を迫られる場面も出てくるだろう。アンデルソンへのマークも厳しくなろう。そんな時に、様々な攻撃バリエーションを作り出し、守備の時は様々な状況に対応する事が出来るよう、都並監督以下、より一層のレベルアップが求められるだろう。J1で戦うことを視野に入れるなら、それが必須ともいえる。

 何はともあれ、今日の試合は勝てて何より。この調子で序盤戦を乗り切り、開幕ダッシュを成功させ、J1昇格への足がかりを作っておきたいところだ。

(余談)
 湘南の1点目(加藤望のFK)があまりにも見事だったので、その写真も載せておきます。
加藤望のFKが決まるところ




 それと、今回が「ニッパツ三ツ沢球技場」のこけら落としだった訳だけど、噂に聞こえし「新型ビジョン」は、やっぱり素晴らしかった!
アウェイ側ゴール裏にそびえる「新型ビジョン」


 今後、「ニッパツ三ツ沢」の新名物となるだろうけど、このビジョンに横浜FCの活躍ぶりが何度となくリプレイされる事を祈りたいものです。



http://blog.livedoor.jp/fulie383/archives/51004996.html
スポンサーサイト

昨日はお疲れ様でした。
守りの堅い湘南相手に3点も取った横浜FCの強さに正直驚きました。

今年は、J1でやっていくのに何が足りないかを探す1年。
チームの研究されてからどう対処していくかで、それが分かるような気がします。

>カモネギさん
 先日はお疲れ様でした。
 課題は確かに多いですが、そこは試合を積み重ねて修正していくしかないでしょうね。ただ、このチームの「地力」を見て取れたのは収穫だったと思います。

 明日は大変ですけど(苦笑)、頑張ってきます。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://giocatore.blog9.fc2.com/tb.php/1499-605f4ada

[横浜FC]J2 第2節対湘南ベルマーレ戦@ニッパツ三ツ沢

横浜FCは、大型ディスプレーの設置や、ネーミングライツで名前の変わったホーム・ニッパツ三ツ沢球技場のこけら落としの試合でありホーム開幕戦を、今年ともに昇格を狙うライバルになると目される湘南ベルマーレと戦いました。 試合は両チーム審判判定に苦しみましたが、横

J2第2節 横浜FC 対 湘南

3-2 「新装・三ツ沢」で開幕2連勝。アンデルソンはハットトリック。 得点 横浜 5分 アンデルソン 52分 アンデルソン 79分 アンデルソン

神奈川ダービー ~勝った者勝ち~

長いシーズンの初めの内なんて、 チームとしてのまとまりが無くて当たり前。 これからチーム力がついてくるんですよ! そういう中で、勝ち点3を積み重ねることが出来た! 俺は評価したいです。 あとは、勝ちながら反省をして修正をして前に進むことが必要です。 勝ったか?...

横浜FC vs 湘南ベルマーレ 第2節

昨日の朝のテレビで三ッ沢が映ってたり、昼過ぎにとみさんからもちつき大会の時の書初め張り出しのお知らせもらったりして…。 来ちゃった撚 うふふっ。

2008年J2第2節 横浜FC-湘南ベルマーレ 「いいえ、ツナミです。」

アンデルソンが中田洋からのクロスを完璧なタイミングで合わせ、 右足で放ったボレーシュートは湘南ゴールに吸い込まれていく。 後半34分の出来事。後半湘南に押し込まれて、湘南・加藤望のFKで 1点差に迫られていた中で、突き放すゴールには大きな意味があった。 だが...

 | HOME | 

Calender

03 ≪│2017/04│≫ 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

GF

  • Author:GF

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

LINK

カテゴリー


FC2Ad

秋山澪

中野梓

2012・横浜FC日程等

カウントダウン&アップ

ブログ内検索

グーバーウォーク

「あわせて読みたい」

あわせて読みたいブログパーツ

BlogRoll(仮)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

List me!

RSSフィード

RSS Validator (feedAnalyzer)

QRコード

QRコード

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値&経県マップ

詳細はこちらを参照
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。