競馬、サッカー、雑事など記す「何でもあり?blog」です。「別館」ブログは下のタブからどうぞm(_ _)m

  Ali della liberta (in Stadio)のナビゲーター   トップページ > 2008年12月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TBテーマ第646回「2009年の目標」

2008 - 12/31 [Wed] - 22:25

 個人的には、性格や仕事柄ゆえに具体的な目標は定めたりしないのですが、ある程度「こうしたい」というのは漠然とながら持っています。
 今年を振り返った際に、昨年より「悪い方」への振れ幅は収まってはいるんですが、それをさらに「振り幅を小さくしたい」というのはありますね。そのためにも、日々精進。

 なお、プライベートにおいては「万馬券的中3本以上」を具体的目標として挙げておきます(笑)。今年、万馬券的中は2本だったので、それ以上を。

こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です! 今日のテーマは、「2009年の目標」です。 2008年も今日で最後です。皆様にとって、この一年は、どのような一年だったでしょうか。水谷は、色々な意味で成長が出来た、良い一年でした。明日から2009年です!2009年の目標を、是非、FC2ブログに書いてみてください。水谷...
FC2 トラックバックテーマ:「2009年の目標」



 来年もどうかよろしく>ココロちゃん そうなればいいな、本当に。

スポンサーサイト

2008年総括 (今日のテーマ)

2008 - 12/31 [Wed] - 10:36

BlogPet 今日のテーマ 2008年総括
「あなたにとって2008年は、どんな一年でしたか?」

 ここ数年、毎年同じように「悪い事もあれば、いい事もあった」というものでしたが、今年も同様ですね。ただ、昨年よりは「落ち込みぶり」は頻度も程度も程々だったかな?と感じてます。
 まあ、今の自分の置かれている状況からすれば、バイオリズム等々、それなりに変動してしまうのは、もう致し方の無い事だと思ってます。
 とりあえず、今年も結構アクティブに動いたのは間違いないんですが、これ楽しめた事もあれば、骨折り損みたいな事もあったりで、千差万別というか波乱万丈というか・・・・・

 あと、取り立てて語るとすれば、当ブログを介して様々な方に会えたのも、私としては結構嬉しいものでした。この辺も、人と人、ブログ同士の交流をもって繋がっていけることを実感したものです。

 改めて、当ブログに来られた方におきましては、今後もどうかよろしくお願いします。今年一年、本当にお疲れ様でした。m(_ _)m

 (この後は、個別にいろいろ感じた事などを項目別に纏めてみたいと思います)

▽Open more.

天皇杯、決勝はガンバ大阪vs柏レイソル

2008 - 12/30 [Tue] - 23:53

 昨日、天皇杯の準決勝2試合が行なわれました。結果は、以下の通り。

・横浜M 0(延長)1 G大阪
 【G大阪】山崎雅人(延後12)

・F東京 1-2 柏
 【F東京】鈴木達也(前31)
 【柏】フランサ(後23)、李忠成(後43)

 これで、決勝はG大阪vs柏のカードに決定。どちらもJ1リーグ戦で4位以下だったので、ここを勝たないとACLへの出場権が得られないということに。G大阪は「アジア王者」としてのプライドから負けられないだろうし、柏としては親会社が日立というバックボーンがあるとは言えど昨今の不況からスポンサー料が削られるとの話もあり、勝ってスポンサーを繋ぎとめたいところ。

 そして、今回の決勝は今日の時点でチケット完売。残念ながら私はチケットを買えず、当日はTV観戦になりそうです。ちょっと引っ張り過ぎたかなぁ・・・・と少しばかり後悔してます。正月早々「柏バカ一代」を聞く機会なんてなかなか無いのに(爆)

 ちなみに、もし今回観に行けてたら、多分G大阪が勝っちゃうのでは?と思ってます。不思議と、生で見た時にG大阪が負けたシーンって見てないんですよね(これまで5回見て4勝1分け)。浦和や鹿島、川崎とかは負けたところを何かしら見てるのに。そう考えたら、どちらかといえば柏に勝って欲しいと思ってる(菅野がいることが理由の一つ)自分にとって、今回チケットが買えなかったのがどう作用してくるのか?その辺も気にしながら、TV観戦しようかと思います。

アクセス解析で振り返る2008年 (今日のテーマ)

2008 - 12/30 [Tue] - 22:21

BlogPet 今日のテーマ アクセス解析で振り返る2008年
「あなたのブログで今年アクセスが多かった記事、検索が多かったキーワードは何でしたか?アクセス解析で今年一年のブログ記事を振り返ってみましょう。」
ブログペット アクセス解析 年間集計

 この記事を書くに当たって解析結果を調べてみたのですが、残念ながら今年の4月以前のデータが見つからず。よって、厳密に調べたという訳ではないので大体のイメージとかになってしまいますが、とりあえず書いてみます。

 私のブログがもともと競馬関係の記事を書くことが多かった為に、大体GⅠレースが行なわれる度に、そのレース名から検索されてうちのブログを見つけた、というケースが多いのが傾向としてあるようです。ただ、「今年の予想」を当てにしようと辿ってこられても、過去のレースの記事に辿り着いてしまってたりするので、その辺は申し訳ないのやら何というべきか。
 あと、サッカー関係でもマイナー志向が強いのか「全国社会人サッカー選手権」「全国地域リーグ決勝大会」で来られた方が多いようです(笑)。
 それと、今でも時々あるのが「オリンパスμ1020」絡みのもの。今年の春に買ったのですが、とりあえず今も使ってます。勿論、SP-550UZとの「併用」で。

 そんな傾向だったこのブログの中で、今年何故か一番多かった(と思われる)検索ワードがコレ。

▽Open more.

何故だ!?こーすけ、清水に移籍す・・・・

2008 - 12/29 [Mon] - 22:13

 どうしても今日は「この事」を書かない訳にはいかないだろう。「こーすけ」こと太田宏介の清水への「完全移籍」についてである。

太田宏介選手清水エスパルス(J1)へ完全移籍のお知らせ
2008/12/29 (Mon)

横浜FC所属、DF太田宏介選手(21)の清水エスパルスへの完全移籍が決定いたしましたのでお知らせいたします。

太田宏介(おおた こうすけ /DF 21歳)
■生年月日:1987年7月23日(21歳)
■身長/体重:178cm/74kg
■出身地:東京都
■チーム歴:
つくし野SSS-FC町田-麻布大学附属渕野辺高等学校-横浜FC(2006年加入)
■出場記録:J1リーグ通算17試合0得点/J2リーグ通算32試合0得点/カップ戦3試合0得点/天皇杯2試合0得点       
■代表歴:U-20日本代表(FIFA U-20ワールドカップ2007)
■太田宏介選手コメント:
「サポーターの皆様、そしてクラブ関係者の皆様、3年間本当にお世話になりました。
プロサッカー選手としてのスタートを切ってからの横浜FCでのこの3年間は、不安もありましたが、いつも熱く温かく見守ってくれるサポーター、選手、クラブ関係者の皆さんに支えられて、言葉には表せないほどたくさんの経験ができ、とても充実した日々を送ることが出来、感謝しています。
来シーズンから清水エスパルスでプレーすることになりましたが、この横浜FCで得た経験を生かして、一回りも二回りも成長できるよう頑張ります。」

http://www.yokohamafc.com/news/?n=1752



 清水サポには悪いけど、獲って欲しくなかったという思いが募ります。もっとも、清水の他にも広島や大宮もオファーの意思表示をしていたなかで、こーすけの能力を一番買ってくれたのが清水だったのだろうと推測できるのは承知。ただ、それでも移籍して欲しくなかったのが正直な思いだったが・・・・
 そうでないと、最終節でのあの「ヨ・コ・ハマ!」コールは一体なんだったんだろうか?と。
こーすけ主導で盛り上がるゴール裏(最終節での挨拶)

 今もこうして書き綴っている中で、こーすけに対してどのような態度を表せばいいか、正直分からない。もはや「敵」とか「裏切り者」みたいに割り切ってしまうのか、あるいは、菅野(現柏)やうっちぃ(内田・現大宮)みたいに横浜FCから立派になって「旅立って」行くことで大成するのを祈るのか。ただ、この間も三ツ沢でのゴール裏を盛り上げた事だとか、単なるムードメーカーに止まらない、横浜FCにとって「なくてはならない存在」までになっていった「何か」を持っていただけに、菅野らの時(昨年)にはある程度割り切れたものを、どうしても抱けない。そんな思いが、どうしてもしてしまうのが正直なところです・・・。

 ただ、正式発表された今となっては、現実的に左SBの「穴埋め」は急務となってしまった。そこへ入るのは、名古屋から来た片山か、あるいは2年目となる中田健太郎の抜擢か、それとも三浦アツかトモキチ(小野)か。アツの左SBは止めて欲しいが(爆)、個人的には中田の起用を強く望みたい。練習試合では何度となくチャンスを作り出したり、点も入れてたりする。奇遇にも、背番号はこーすけが最初に付けていた26番。そういう人材が伸びてきて欲しい。

 そして、こーすけ。横浜FCで育っった3年間を忘れるな。もし、天皇杯とかで清水と当たるような事になれば、多分ブーイングするだろう。「何故出ていったんだ」という思いを込めて。しかし、横浜FCから出て行くことを残念に思い、尚且つ今後絶対に日本代表に選ばれるような選手になれ!それが、必要最低限の責務だろう。長友(FC東京)や安田理(G大阪)がどうした。奴らから代表でのポジションを奪い取れ!そうでないと、清水に行く意味がないぞ!

 最後に、こーすけよ。せめて、自分のブログに今回の移籍についての思いを綴ってくれ。一言も無く横浜FCから離れるのは、応援してきたサポーターに失礼だぞ。

 さらば、こーすけ。今度は敵として早期に当たる事を願わん。その時はやっぱり「見返したる!」と思うんだろうなぁ。
 アディオス!

東スポを見返していたら

2008 - 12/28 [Sun] - 23:02

20081228230225
何と、武藤敬二(全日本プロレス社長)が的中させているではないか!
しかも、1~3着までしっかり入れているし(汗)。スゲーッ!!(;´д`)

あと、西武の平尾も馬連4頭BOXで的中している。アドマイヤモナークを取り上げるだけでもスゲー・・・・・

ちなみに二人の予想は、以下の通り。
武藤:ダイワスカーレット・アドマイヤモナーク・エアシェイディ・コスモバルクの馬連BOX&馬連6-10
平尾:スクリーンヒーロー・ダイワスカーレット・アドマイヤモナーク・コスモバルクの馬連BOX

東京大賞典予想

2008 - 12/28 [Sun] - 21:28

 中央競馬は、今日の開催で年内のレースは全て終了。しかし、地方競馬は明日も開催いたします。明後日も開催いたします。今日だけではありませんので、全国の地方競馬にどうぞお越し下さい、と園田の吉田アナみたいに言ってみます(笑)。
 で、明日の大井での東京大賞典。出走馬は10頭と少ないですが、ある意味「豪華メンバー」で、これがなかなか難しい。とりあえず、何とか買い目を絞ってみますか。

>東京大賞典(大井10R)
 ◎1:ヴァーミリアン
 ○7:フリオーソ
 ▲8:サクセスブロッケン
 ☆3:ブルーホーク
 買い目:馬複1→3・7・8

 前走JCダート3着は、他馬との接触があったとはいえ後方からの競馬だったのが痛かったヴァーミリアン。少頭数でもあるし、ここは力を出し切れそうな感じ。200mでも距離が伸びるのも、この馬にとっては都合がいいだろう。
 相手は、とりあえず前を行く2頭が鍔迫り合いをしないことを前提にフリオーソとサクセスブロッケンに。前者は、地元南関東に戻りさえすれば力を十分に発揮できる「内弁慶」タイプ。後者は、やはり先行出来るのが大井では有利になるだけに買っておきたい。多分、Sブロッケンがハナを切る展開だろうけど、戸崎(フリオーソ)が無理して競り掛けないことを祈りたい。
 あと、あえて押さえに6連勝中のブルーホーク。こういうパターンの馬は大体が交流重賞の「厚き壁」に跳ね返されるのがオチだが、これだけ他の馬に人気が行けば案外とノーマークでいける気楽さがあるかもしれない。今後、もしかしたら人気になりそうな要素があるだけに、狙うなら今回だ。
 他の有力馬については、配当を考えてあえて消した。カネヒキリあたりは本当に怖いけど、来たら仕方が無いと割り切る。

 さて、ここを当てて「有馬の雪辱」といきたいんだが・・・・・?

p.s.ちなみに今回は発走が16:30ですか。そうなると、江東区の某展示場にあるMXTVのモニター前(別名「OFFT有明」)は、そんなに混雑し無さそう?逆に、モノレールの天王洲アイル~大井競馬場間が激混みするかも(汗)。

▽Open more.

有馬記念回顧(withココロ)

2008 - 12/28 [Sun] - 18:18

 はぁ・・・・さすがにアドマイヤモナークまでは買えないよなぁ。それにしても、ダイワスカーレットは強かったよな。・・・・ん、どうしたココロちゃんよ?
 ココロ、ダイワスカーレットが気になる模様
 何だ、一体どうしたんだ?ダイワスカーレットのことを知りたいのか?じゃあ、とりあえず有馬記念の回顧を通じて書いてみようか。

 勝ったダイワスカーレット、スタートで既に他の馬から抜け出した状態で簡単にハナを切ると、後は自分のペースでまんまと逃げ切った。ハナに立った時点で勝算はあった感じだけど、道中にメイショウサムソンが付いていて、3~4角でフローテーションやマツリダゴッホ、スクリーンヒーローあたりが仕掛けていったけど、これらを全く寄せ付けずに完勝。逆に、仕掛けていった馬がものの見事に潰された感じで、全くもって「近寄りがたい存在」ともいえる感じかな。そういえば、柏木集保氏が「中山2500mコースの難しさ」を挙げてた(3角で仕掛けると800mスパートする事になる、とか)けど、その辺は確かに気になった。
 ココロ、「難しい中山」について質問
 う~ん、今回の場合に照らし合わせると、向正面で息を抜き3角辺りから徐々にスピードアップして他の馬に脚を使わす展開に持ち込んだのが大きいんじゃないかな。6回コーナーを曲がる中山コースの難しさを上手く生かしたともいえるな。
 で、結局ダイワスカーレットに勝負を挑んだ馬たちが総崩れで、後方から自分の競馬に徹したアドマイヤモナークが2着。さすがにそこまでの展開は読めなかったし、この辺は「無欲」に徹した事が大きかったのかなぁ。アドマイヤモナーク自身、GⅠでの成績を見ると「足りない」と思ったけど、そういう馬が来るあたりは、より一層ダイワスカーレットの強さが際立ったということかなぁ。
 ココロ、アドマイヤモナークに興味?
 ・・・ん、そうなのか?(しかし「作り方」って何か違うような・・・)
 あと、スクリーンヒーローが5着と「総崩れ」の人気上位場の中では粘った方だが・・・・来年より一層のパワーアップが求められそう。アサクサキングスは全くいいところがなかったなぁ。あと、マツリダゴッホも鞍上の蛯名曰く「他馬にぶつかってカッと来た」らしくて、これもいいところなし。そして、メイショウサムソンは・・・・
 ココロ、メイショウサムソンについて宿題を求められる
 まあ待て慌てるなココロちゃん。これは孔明の罠だ
 メイショウサムソンも、道中ダイワスカーレットに直マークだったけど、最後は付いていけなかったしなぁ。いい頃の闘争心が薄れてしまった感じで、この辺は同じオペラハウス産駒のテイエムオペラオーと一緒かな。まあ、これで引退だけど、サンデーサイレンス系全盛の状況で自分の血脈をどこまで残せるか、これからが本当の「勝負」かもしれないな。メイショウサムソンの「前途」に幸あらん事を。

 それにしても、改めてダイワスカーレットの「懐の深さ」というか「底知れぬ粘り強さ」を思い知った感じがしたもの。昨年はまだスピードに勝った感じを受けていたのだが(それ故に距離不安を感じ、何度馬券から切って痛い思いをしたか)、今年の走りを見ると特に、他の馬にある程度絡まれようとも、それをものともせず逆に競り潰すかのような感じがし、昨年以上に「凄み」を増している感じがした。これだけの闘争心と先行力を持っていれば、おそらく具現化されるであろう海外挑戦でも一定の結果を残しそうである。是非、(行くのであれば)海外での活躍を期待したいものだ。

 まあ、こんな訳で有馬記念で負けて、3場最終も全滅状態・・・。昨日のラジオNIKKEI杯2歳Sの的中で何とかお釣りは残ってるので「大損」ではない(むしろプラス)けど、「締め」が甘くてあんまりいい気分じゃないなぁ。
 ・・・・ん、どうしたココロちゃん?
 ココロ、掃除中に大金を見つける?
 でかした!それで明日の東京大賞典に勝負だ!(←マテ)

ハッピーエンドC、尾張S、ファイナルSの予想

2008 - 12/28 [Sun] - 16:01

 アドマイヤモナークはさすがに買えない・・・・・

>ハッピーエンドC(中山11R)
 アイアムエンジェル、ワンダークラフティ、テイクザホークのBOXで。馬連3・4・11BOX。

>尾張S(中京12R)
 軸はサープラスシンガーで。1200mなら安定している。馬連9→1・5・8・14・15。

>ファイナルS(阪神12R)
 難しいが、ここはキャプテンベガから。ワイド5→6・7・16・18。

▽Open more.

有馬記念予想

2008 - 12/28 [Sun] - 10:47

昨日、忘年会があって夜中まで飲んでたので、気分が悪いです(汗)。ただ、昨日のラジオNIKKEI2歳S三連単的中は、有馬記念に向けて大きなモチベーションアップとなったので、勢いに乗りたいところです。

>有馬記念(中山10R)
◎ダイワスカーレット
○スクリーンヒーロー
▲アサクサキングス
☆フローテーション
買い目:馬連&三連複5・8・12・13ボックス

ダイワスカーレットが消えるシーンを何度も考えたが、あの天皇賞の時も苦しい展開を凌ぎきったのだから、ここは素直に本命にするしかない。
そうなると買い目は絞るしかないが、三連単は置いといて、予想では4頭ボックスがベース。オッズ上マツリダゴッホとメイショウサムソンは切ったのだが、来たら仕方がない。


あと、三連単はダイワ頭で買い目を散らしながら遊んでみます。
そんな訳で、今日は(家の掃除もあるため)おとなしく自宅で観戦しながら的中できるよう祈りたいところです。

中山大障害&ラジオNIKKEI杯2歳S予想

2008 - 12/27 [Sat] - 00:10

帰りが遅くなったのと、明日も仕事の為、簡易版で。

>中山大障害
◎マルカラスカル
○キングジョイ
▲メルシーエイタイム
☆テイエムエース
△ペネトレーター
買い目:三連単2→8・13・14→7・8・13・14

>ラジオNIKKEI杯2歳S
◎リーチザクラウン
○ロジユニヴァース
☆ファミリズム
△トゥリオンファーレ
△イグゼキュティヴ
△ロードロックスター
買い目:三連単3・6→3・6→4・5・7・9

▽Open more.

12月26日のココロ日記(BlogPet)

2008 - 12/26 [Fri] - 08:02

ねこって堅い生き物ですよね☆

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

▽Open more.

天皇杯準々決勝の残り1試合

2008 - 12/25 [Thu] - 22:10

 ガンバ大阪のクラブワールドカップ参戦のために延びていた、天皇杯準々決勝の残り1試合が今日、神戸ユニバー競技場で行なわれたとの事。結果は、下記の通り。

12月25日(木) 第88回天皇杯準々決勝

G大阪 2 - 1 名古屋 (19:00/神戸ユ)
得点者:13' ルーカス(G大阪)、22' 中澤聡太(G大阪)、70' 杉本恵太(名古屋)



 これで、準決勝に進出しているチームは柏、FC東京、横浜Mに続いてG大阪勝利で、J1の3位以内で残ってた名古屋が敗れることで、J1の4位チームに来年のACL出場権が回る事は無くなった。大分トリニータ(←4位)の関係者、ご愁傷様です・・・・・

 で、準決勝(共に12/29)の組み合わせは、

・13:00/エコパスタジアム FC東京 - 柏レイソル
・15:00/国立競技場 横浜F・マリノス - ガンバ大阪

ということに。
 とりあえず、ここまで来るとG大阪としては「勝ち抜きたい」一心だろうと思うが、選手の疲労が心配されるところ。何しろ、今日の試合もスタメンは先日のCWC決勝と同じだったし(汗)。

 さて、決勝に勝ちあがるのはどのチームなんでしょうかね?

世界3位の底力見せた!G大阪、準決勝進出/天皇杯
12月25日20時59分配信 サンケイスポーツ

 第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会準々決勝(25日、神戸総合運動公園ユニバー記念競技場)21日に行われたクラブW杯で3位になったG大阪は名古屋と対戦し2-1で勝利し3大会連続でベスト4に進出した。

 G大阪は試合開始直後から積極的に攻め、前半13分にFWルーカスが先制ゴールを決めると、直後の22分にはDF中澤が追加点を挙げさらにリードを広げた。

 前半は終始G大阪に攻められていた名古屋は後半に入ると連戦で疲れが見え始めたG大阪を攻め、後半25分、後半から出場したFW杉本が1点を返した。しかしあと1点が遠く準々決勝で涙をのんだ。

 名古屋の怒涛の攻めを凌ぎきったG大阪が準決勝進出。29日に決勝進出をかけ横浜Mと対戦する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081225-00000516-sanspo-socc

横浜FCからの「クリスマス・レター」

2008 - 12/24 [Wed] - 22:18

 今日、仕事から帰ってきたら、クラブメンバー宛の「横浜FCレター」が来てましたけど、同封されていた物に「こんな物」が。

横浜FC2008サンクスメモリアルレター(一部修正)
 モザイクの所は自分の名前とメンバー番号が入っていたので、モザイク処理させて頂いてます。

 で、昨年の同時期には、このようなレターはなかったはず・・・・。こうした「小さな心遣い」は、結構心を打たせてくれるものを感じます。大事にしたいものです。

 あと、メインの「FCレター」の方には、1年間の総括やクラブメンバーミーティング(11/9に戸塚ウィンズラジャで)の議事録が載っているほか、人事関係のトピックも。現時点では樋口監督の就任(のあたり)までが載っていて、須藤の完全移籍での獲得とかの辺あたりからのは、まだ書かれていませんでした。この辺の思うところについては、もう暫らくしてから書こうと思います。

 改めて見てみると、今年は本当に「辛い」というよりは「苦しい」一年だったのでは、と思いました。いろんな場面での課題と、それにどう対処するかのもどかしさとか、どうしてもネガティヴに捉えてしまいがちな事が多かったと思います。ただ、そこは来年以降へどう繋げていくか、昇華していくか。自分としても、チームと共に気分を新たにして臨んでいきたいものです。

 そして、レターの最後の方には、「新春餅つき大会」や「新体制発表会見」の日程も発表。はたして、来季はどのようなメンバーで戦う事になるのか。今は静かに、「その時」を待ちたいと思います。

クリスマス・イヴ (今日のテーマ)

2008 - 12/24 [Wed] - 21:36

BlogPet 今日のテーマ クリスマス・イヴ
「今日はクリスマス・イヴ。今日は誰と何をして過ごしますか?」

ココロちゃんが寂しがっているので、相手をしてあげてます(笑)。
ココロちゃんが寂しがってるようなので・・・



あ、もちろんオンライン上での話ね(爆)。
実際には、特別何かする訳でもなく家族とごく普通に過ごしてます。いつも通りの日常です。普通が一番!

▽Open more.

何気なくボクシング「内藤vs山口」戦を見る

2008 - 12/23 [Tue] - 22:34

ココロニュース「内藤、4度目の防衛成功」 何気なくというか、この時期のテレビの特番がつまらないこともあり、ニュースを見た後にボクシングのタイトルマッチを見ようと思い、チャンネルをセット。少しでも暇つぶしになるかな?と思ったのですが、かなり白熱した試合だった感じで、見て損はなかったなと思いました。

 もともと、ボクシングを見てて思うのは、特にタイトルマッチとかではお互いが慎重になって最後は12回判定までもつれ込んで・・・・というイメージを持っちゃってたりするので、どうしても見てて中弛みしてしまうというか。プロレスのような途中で何か大技を、という訳にもいきませんし。そんな感じで、ボクシングについては結果に興味はあれど、ではテレビで見ようかというとその辺が頭にあって、いまいち乗り気でなかったりしたものです。
 ただ、今日の試合は面白かったですね。挑戦者の山口が内藤の動きを読んでいて、それを見越しながら積極的に打ち合いに行こうとしてましたし、王者の内藤も真っ向から迎え撃ってこれまた打ち合おうとする展開。こういう試合であれば、本当に見てて楽しいなと思ったものです。

 さすがに打ち合いの展開ではどちらかが動きが止まるだろうと思いましたが、山口の方が最後は足が止まって、そこを内藤に集中打を食らってしまった。そんな感じですかね。内藤は王者としての責務を十分に果たしたといえますが、挑戦者の山口もその敢闘精神を褒めたいものです。

 とりあえず、ボクシングも「たまに見るのもいいもんだな」と思いました(笑)。


CWC決勝「リガ・デ・キトvsマンチェスター・ユナイテッド」観戦記

2008 - 12/22 [Mon] - 22:58

得点を決めたルーニーに駆け寄るマンUイレブン
 3位決定戦が「予想外に地味な展開」でしたが、決勝の方は「予想された地味な展開」といったところでしょうか。しかし、その中身はというと、お互いの読み合いが展開され、相手のストロングポイントを尽く潰していくかのような展開。リガ・デ・キト(以下キト)について「油断できない、狡猾でしたたかなチーム」と評したのを考えれば、この試合はまさにキトが望む展開であり、そうした試合を作り出したのは、間違いなくキトであったと思います。
 そんな厳しい試合の中で、本当に「ワンチャンス」を決めたルーニー、そして絶妙なパスを出したクリスチアーノ・ロナウドは、まさに「スターのスターたるプレイ」を見せたと思います。ロナウドがキトDFを引き付けつつパスを出し、ルーニーも本当に「一瞬」だけ開いたシュートコースに狙い済ましたかのように打ち放ち、そして決めた。こういうプレイこそ、本当に「スター選手って凄いな」と捻くれた自分(苦笑)でさえも思ったものでした。

 まあ、今回の試合についても事前の予想ではマンチェスター・ユナイテッド(以下マンU)がキト相手に何点取るかみたいな雰囲気がありましたが、そうは問屋が卸さないというか。とにかく、マンUに思い通りのプレイはさせないというキトの選手達の思惑が強く滲み出てたようで、GKセバージョスを中心にシュートコースを尽く塞ぐ。地味に針路を狭めていきながら蟻地獄に嵌めて行くかのようなキトのディフェンスが、一旦は通じるかと思ったのですが・・・・
懸命に守るキトDF陣
 それにしても、キトGKセバージョス(エクアドル代表でも正GK)は本当に素晴らしい!ゴール前でどんなに詰め寄られても冷静に対処し、相手の動きを読んで「さも当然」の如く相手のシュートを無難に処理していく様は、惚れ惚れしましたね(笑)。

ヴィディッチがビエレル(16番)に肘打ちをして一発退場に ただ、流れが変わったのは、やはりヴィディッチの退場だったのでしょうか。これで「11対10」と一見キト有利にみえる展開も、マンUがルーニーを2列目に下げたり(ロナウドとしきりにポジションチェンジをしていた)して動き回る事で、かえってマークが散らばったりしたのと、マンUが引き気味になったことでキトのカウンターが生きない展開になったというのは、ある意味皮肉な結果だったかもしれません。そんな訳で戦況は膠着状態に・・・・と思ったところへ、ルーニーのゴールが。苦しい状況の中で決めたルーニーの集中力には恐れ入るばかりです。
 こうして、キトが前掛かりに仕掛けていかざるを得ない展開になりましたが、マンソのミドルシュートくらいしか効果的なものはなく、結局そのまま1-0のスコアでマンUが勝利。見事「クラブ世界一」の座に輝きました。


 キトとしてみれば、間違いなく(当然ポゼッションではないが)試合を「支配」していたと思います。ただ、最後の「詰め」に欠いたのもありますが、攻撃の要となるマンソ、ビエレル、ボラーニョスが尽く最後の最後で潰されたりしてたのが影響しましたか。その分、マンUの両サイドの動きも封じこめられてはいたんですけど(所々で朴智星とかが光るプレイを見せていたが)・・・。

 結果として、「我慢比べ」の行き着く先は、スター選手が持てる力を十分に引き出し、強引に壁をぶち破った。そんな感じのした決勝戦でした。
 スコアについては十分に予想された範囲ではありましたけど、その中身の濃さにいささか「過呼吸気味」になりそうな感じがした決勝戦。こういう試合こそ、TVでなく「生で観戦」しての醍醐味が味わえたということで、本当に観に行ってよかったと思いました。

 残念ながら(?)、CWCは来年再来年と2年間UAEで行われる為、暫らくはこういった試合を見れなくなるのを寂しく思いながら、この試合の濃密な雰囲気を少しでも長く噛み締めたい。そんな思いを暫らく引きずりたいな、なんてさえ考えてます(笑)。

 最後に、マンチェスター・ユナイテッドのイレブン及びサポーターの皆様、優勝おめでとうございます!
表彰式後にスタンド前を1周するC.ロナウドとルーニー
同じく、ファンデルサール、朴智星ら

 リガ・デ・キト 0-1 マンチェスター・ユナイテッド
 【得点】ルーニー(73分)


CWC3位決定戦「パチューカvsガンバ大阪」観戦記

2008 - 12/22 [Mon] - 22:04

山崎選手(30番)がゴールを決めた一方で、パチューカGKカレロ選手は何を思うか
 今年の「CWCファイナル」は、風が強いながらもそんなに寒くはなかったせいか、観戦が辛かったという事はなかったですね。ただ、2試合通して、強い風に煽られてポリ袋がグラウンドにまで舞って行ったり・・・・。「ヨコハマはG30」を謳っている横浜市の住民とすれば、ちょっと残念な感じでした。

 とりあえず、今回も2試合通しでの観戦でして、まずは3位決定戦。お互いが攻撃的なチームゆえに、点の取り合いが予想されたのですが、思ったより静かで地味な展開に。結果としては、ガンバ大阪(以下G大阪)が山崎の挙げた1点を何とか守りきった、というよりパチューカの攻撃陣が思ったより精度を欠いていた、といった感じですかね。何はともあれ、これでG大阪は昨年の浦和に続いて「世界3位」の座に。
 ただ、遠藤をはじめとして何人かの選手は「内容には反省」していたようで、この大会で佐々木を怪我で欠くようになったり、二川も負傷の影響があったりなど、万全の状態とは言いがたかったのは事実かと。それでも、十分といえる結果を残した事は今後の「財産」となることかと思います。
 今回、というかこの試合でG大阪が苦戦していたのは、ルーカスが調子を落としていた事ではないかと思います。この大会の中でも1戦ごとに調子を落として行ってる感じで、ボールの収まりが悪くシュートにも精度を欠く有様。そんな中で、遠藤がボランチの位置からゲームをコントロールし、播戸が泥臭くポストプレイ等で身体を張り、山崎がゴールを狙っていくなど、他の選手達がカバーしあって修正して行ったことが大きかったのではないか、と思ってます。それはDF陣も一緒で、山口智を中心に凌ぎきったのが、ボールポゼッションで支配されていたこの試合の勝利のつながったと言えそうです。
必死に守るG大阪DF陣

 パチューカについては・・・・「こんなもんなのかなぁ?」という疑問が真っ先に頭の中を駆け巡った感じでした。風下で山崎に1点取られた前半はまだしも、風上に立った後半はポゼッションで試合を進めながらも攻撃の精度を欠いた感じで、あまり怖さを感じなかったのが正直なところかと。今大会3試合目でコンディションに難があったのか?原因は分からないと言う感じですが・・・・・。そんな中でも、ヒメネスは所々で鋭いミドルシュート及びプレースキックを放つなどして、G大阪ゴールを脅かしてました。ただ、ヒメネス一人ではやっぱり・・・・としか。
ヒメネスのプレースキックがG大阪ゴールのバーを叩く
 最後はGKカレロも前線での攻撃に参加。危うくカウンターの危機に晒されるもオーバーヘッドでクリアして何とか凌ぐシーンなど、最後にある意味「見せ場」がありましたが、結局そのまま1-0のスコアでG大阪が勝利となりました。
試合終盤にはパチューカGKカレロ選手(赤色の服)も攻撃参加

 競馬とかでも「予想とは違う展開」というのがままあったりして、サッカーでもそうした事は日常茶飯事かもしれませんが、思った以上に地味な試合展開だったこの試合。もっとも、G大阪から見ればパチューカが支配するゲームの中で、如何に凌ぎきるかと戦術を変えて行った感じ(ルーカスから武井に替えたのも、その現れ?)でしたが、苦しい試合でこそ強いチームが流れを引き寄せられることを証明した一戦だったかもしれません。

 G大阪は、さらに4日後(12/25)に天皇杯の試合があるなど、本当に苦しいチーム状況だと思いますが、そうした「苦労」を如何に乗り越えるかが、更にその先の「ステージ」に立つ事への課題だろうと思います。直近でも、暫らく先の話でも、G大阪の戦いはまだまだ終わりません。
ここでも、試合終了後に「勝利の円陣」

 パチューカ 0-1 ガンバ大阪
 【得点】山崎(29分)

決勝戦試合終了

2008 - 12/21 [Sun] - 21:28

20081221212848
滅茶苦茶コアな神経戦だった・・・

1ー0で、マンチェスター・ユナイテッドが優勝!

決勝を前に

2008 - 12/21 [Sun] - 19:34

20081221193455
マンUは、ベストに近い布陣。

3位決定戦終了

2008 - 12/21 [Sun] - 18:35

20081221183501
終盤のカレロ(パチューカGK)の動きは大きな見せ場でした(笑)。

しかし1ー0とは、思ったより入らなかったな、と。ガンバも最後は単調な攻めになってたし。

何にせよ、これでガンバが3位。おめでとう!

只今横浜国際総合競技場

2008 - 12/21 [Sun] - 15:39

20081221153913
結構いっぱいいますね(汗)。

ちなみに、朝日杯的中!

只今新横浜

2008 - 12/21 [Sun] - 13:15

これから、内博貴のコンサートに・・・は当然行きません(爆)。
しかし、今の時間帯はその内某のコンサート(アリーナで)にいく客層が多い感じかな。

あと、何故かボカのユニフォーム着てる外国人を何人か見かけたんだけど・・・?

リガ・デ・キトのタオルマフラー

2008 - 12/21 [Sun] - 12:39

20081221123904
買っちゃいました(爆)。
マンUを応援する人が多い中、あえてキトのマフラーを。

エクアドルのチームが日本に来る機会も滅多にないし、記念も兼ねての購入なんですが、自分の想像を上回る活躍を見せて強く印象付けられれば面白いんですけどね(笑)。

これから出掛けます

2008 - 12/21 [Sun] - 10:27

 クラブワールドカップ観戦のため、これから出掛けます。
 今夜は観戦後も一杯会があるので、当然観戦記は仕上げられませんので、ご了承下さい。もちろん、写メール等で現場の様子などを随時更新しますので。
 あと、今日は新横浜で泊まって、明日はそこから職場へ直行の予定。そうなると、観戦記とかは明日の夜遅くになりそですう(汗)。

 朴智星が「逆転への切り札」なんでしょうか?
 はたして、朴智星は登場するんでしょうかね?先のvsG大阪戦では出れなかっただけに・・・
 あと、ベルバトフは今回もダメ(ベンチ外)なのか?

 ココロちゃんよ、毛糸のパンツって・・・・
 今時、毛糸のパンツなんて(苦笑)。とりあえず、防寒対策でヒートテックインナーを上下揃えて着込みます。この時期のナイター観戦は半端じゃなく寒いですからね・・・・・。

朝日杯フューチュリティS予想

2008 - 12/20 [Sat] - 23:02

 どうも、予想の流れが向かないというか・・・・。多分、変に捻った予想をするからだろうと思うのだが、そうなればシンプルに予想してみて、何とか流れを引き戻したいところ。

>朝日杯フューチュリティS(12/21・中山)
 ◎3:セイウンワンダー
 ○5:ブレイクランアウト
 ▲1:ミッキーパンプキン
 ☆11:フィフスペトル
 △2:シェーンヴァルト
 買い目:馬連3→1・2・5・11 馬連5→1・2・11

 逃げ馬が多く揃った中で、有力馬ホッコータキオンが外枠に行ったのであれば、この馬を外して勝負できそう。他の馬が前でやり合う展開で差し馬中心の狙いで。そのなかでスケールの大きそうなSワンダーとBランアウトから流してみる。
 逃げ馬の中でも、最内枠のMパンプキンは、コースロスのないレースが出来そうなことで、買い目に残しておいた。

 あと、阪神カップの方は・・・・この「非根幹距離」ならエイシンドーバーを軸にしたい。買い目は、馬連12→3・7・9・10・14・18で。

ひっそりと?天皇杯準々決勝(1試合除く)

2008 - 12/20 [Sat] - 22:06

 クラブワールドカップの話題に気を取られがちだが、そんな今日、天皇杯準々決勝の3試合(残り1試合G大阪vs名古屋は12/25)が行なわれた。まずは結果と短評を。

・鳥栖 1-3 横浜M
 今日のスポーツ紙で一斉に「下部リーグに弱い横浜M」と取り上げられましたが、これに発奮?
 先制点は鳥栖(廣瀬)だったようで、鳥栖とすればこのまま行きたかったんだろうけど・・・・

・清水 1-2 F東京
 FC東京の逆転勝ち。立役者は赤嶺だそうです。

・柏 3(延長)2 広島
 延長戦で得点したのは、「ま た フ ラ ン サ か」だそうです。ここまで来ると、神がかり?フランサの「特殊スキル」は本当に凄まじいですな・・・

 これで、鳥栖及び広島のJ2勢は姿を消すことに。

 それにしても、柏が残ったということは・・・・菅野がもしかしたら元日に国立のピッチに立つ可能性があるということか?どうしよう・・・・・観に行くべきか?

柏、横浜M、FC東京がベスト4進出/天皇杯
12月20日17時57分配信 サンケイスポーツ

 第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会準々決勝(20日、桃太郎スタジアムほか)柏が広島を延長戦の末3-2で下し準決勝進出を決めた。

 前半は点の取り合いになった。柏が古賀のゴールで先制すると、6分には佐藤寿のボレーシュートが決まり同点。その後も両チームが1点ずつを加え前半は終了。後半は広島の積極的な攻撃に対し、柏の守備陣が踏ん張る展開で、結局2-2のまま90分が経過し、試合は延長戦に突入した。

 堅い守備からリズムを取り戻した柏は、延長前半9分にフランサが右足でシュートを決めて勝ち越し。広島は一度もリードを奪えずに敗退した。

 ベストアメニティスタジアムの試合は横浜Mが鳥栖に3-1で快勝した。1-1の前半終了間際にCKから栗原が頭で決め、これが決勝点となった。

 ユアテックスタジアム仙台で行われた一戦は、FC東京が清水に2-1と逆転勝ち。FC東京は0-1で迎えた後半の立ち上がりに赤嶺が立て続けに2得点を挙げた。

 広島、鳥栖が敗退したため、J2に所属するチームはすべて姿を消した。

 準々決勝の残る1試合、G大阪-名古屋は25日に行われる。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081220-00000514-sanspo-socc


▽Open more.

今日の「ちょっと悔いが残る」?

2008 - 12/19 [Fri] - 21:21

 今日の大日本プロレス・横浜大会(@文体)、観に行くべきだったのかなぁ・・・・

 メインの「BJW認定デスマッチヘビー級選手権」(シャドウWXvs宮本裕向)は、どうやら「有刺鉄線爆破ボードデスマッチ」らしいんだけど・・・・

 文体で「爆破マッチ」なんてできるのか?という疑問が先立ってしまう・・・・

▽Open more.

夜行列車衰退の流れ、いよいよ顕著に

2008 - 12/19 [Fri] - 12:39

20081219123913
今日の朝日新聞朝刊より。

いずれも既に噂や一部報道で明らかになっているが、改めて「勿体無い」というか、惜しい気持ちである。

来期のJ2開幕戦が九州とかだったら、何とかして「はやぶさ」の切符を取りに行こうかな・・・?

CWC準決勝「ガンバ大阪vsマンチェスター・ユナイテッド」

2008 - 12/18 [Thu] - 21:34

 いきなり冷や水を浴びせるようで悪いが、いくらガンバ大阪(以下G大阪)がマンチェスター・ユナイテッド(以下マンU)に3-5のスコアまで「詰め寄った」といっても、これで「世界との差は縮まった(by日テレ実況)」なんてのは、はっきり言って妄言だろう。本当に「差が縮まった」というのであれば、山崎が点を入れた後に立て続けに3点返されるなんて事はない筈だ。

 ・・・・と、まあいきなり辛口の出だしで書き始めてしまったが、見てる方としては本当に面白かったのでは?と思ったもの。とりあえず、G大阪がマンUを「本気」にさせたのは間違いないところ。特に、ルーニーの得点シーンに見られる「一瞬の集中力」「抜け目なさ」、そして「狙った獲物は逃がさない」といったところは、まさに「ワールドレベル」と言ってよい。そう考えると、欧州強豪クラブの底力の凄みと奥深さに、多大なる「畏怖感」を感じたものだった。
 もちろんそれは、ルーニーだけでなく、クリスチアーノ・ロナウドのヘッド(での得点)も「一瞬の集中力」から出たものだし、ヴィディッチの先制点も「決めるときは決める」という抜け目なさと集中力を見せ付けたものだった。こういう部分では、今の日本のクラブチームでもなかなか追いつけないものがあると思う。

 それにしても、こういう試合を現地で見れたファンは、ある意味幸せだ。私も本当は見たかったが、返す返すも昨日のルメールが(←しつこい)

 とりあえず、少し気分が落ち着いたらまた書き足すかもしれません。

 最後に、何だかんだ言っても、山崎の得点シーンには興奮しました。よくやった!遠藤も「コロコロPK(というには速かったけど)」を決めたし、これらを含めてG大阪の持ち味は出し切ったのではないだろうか?

▽Open more.

 | HOME |  »

Calender

11 ≪│2008/12│≫ 01
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

GF

  • Author:GF

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

LINK

カテゴリー


FC2Ad

秋山澪

中野梓

2012・横浜FC日程等

カウントダウン&アップ

ブログ内検索

グーバーウォーク

「あわせて読みたい」

あわせて読みたいブログパーツ

BlogRoll(仮)

ブロとも申請フォーム

List me!

RSSフィード

QRコード

QRコード

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値&経県マップ

詳細はこちらを参照
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。