競馬、サッカー、雑事など記す「何でもあり?blog」です。「別館」ブログは下のタブからどうぞm(_ _)m

  Ali della liberta (in Stadio)のナビゲーター   トップページ > 2003年07月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

’03・南東北旅行記(3日目)

2003 - 07/28 [Mon] - 23:59

(注:これは、「F's Stable」の「Column」コーナーの記事をこの場で写したものです)

 さて、3日目は上山競馬の観戦がメインです。ただ、今回ばかりはさすがに我を見失ったりと醜態を晒してばかりで・・・・・ああ、恥ずかしいやら情けないやら。

 高瀬温泉の宿でも麻雀大会を繰り広げて夜更しをした影響が残る中(笑)、一行は上山市へ。道中、『勝ち負け犬さん秘蔵CD』による洗脳が進行されたりしたが(爆)、何とか11時前くらいに上山競馬場に到着した。

 さて、上山競馬場に着いての第一印象だが、客入りは少ないせいもあってか寂しい感じもし、またどこか小ぢんまりした感じもした。山間の中の、典型的なローカル競馬場、といった感じである。雰囲気は、足利より益田に近いかな?とふと思ったり(ただ、「あの時」の益田はある意味異様だった(笑))。
 とりあえず直後の第3レースから馬券に手を出す。上山競馬も基本的には堅いレースはとことん配当が低かったりする。それを承知で、「これはこの2頭で決まり!」と思った3Rにおいて馬連1点勝負でぶち込んでみたのだが、その結果、


 馬連 100円

 ・・・・・ハァ?元返し!?
 いや、いくらなんでも驚きましたよ。かつて足利で味わった「逆転現象」も凄かったですが、ここまでオッズが下がるものですかね?思えばこれが、大乱調の始まりでしたよ・・・・・。

 この後は、手を出すレースが尽く外れる有様。配当が低いのを恐れて無理に高目を狙った挙句に順当に決まったり、その逆を突こうと堅めの決着を予想して厚めに張ったりすると、今度は小波乱の決着になりやっぱり外す・・・・という始末。もうこの時は、完全に正体を失ってましたね、本当に。
 結局、馬券の成績は惨敗もいいところ。さらに、「自分の弱さ」をまざまざと見せ付けられたような感じもして、正直この上山競馬に対するイメージは悪いものになってしまいました。いや、施行者(上山競馬)は悪くはないのは承知なんですけどね・・・・・。
 おまけに、この自己嫌悪で精神的に落ち込んできた所へ、折からの猛暑(この日も暑かった)と、旅行前のハードスケジュールからの疲れが一気に噴出して、倒れそうになるくらいに調子を崩す有様。うぅ、情けない・・・・・・。こんな調子だから、上山競馬場を発って米沢市で上杉神社を観光したりだとか米沢牛を食したりとかしても、精神的にはどこか一杯一杯になってしまったり。いや、この時は同行者の面々にいろいろ励まされはしたが、本当に申し訳ない気持ちで一杯でしたよ。

 最後の方は本当にフラフラな状態でしたが、何とか家路に付くことができました。今回の旅行では、改めて「自分の弱さ」を痛感したもので、何とか次の機会には雪辱というか汚名を晴らさんというか、もう少ししっかりしなければ、という気持ちを持たざるを得ませんでした。

スポンサーサイト

’03・南東北旅行記(2日目)

2003 - 07/27 [Sun] - 23:59

(注:これは、「F's Stable」の「Column」コーナーの記事をこの場で写したものです)

 さて、2日目は新潟競馬場での競馬観戦。この日の朝に指定席のキャンセル待ちをかけ、何とか指定席を確保できた後、いよいよ新潟競馬場へ出立!ただ、移動の車中で勝ち負け犬Jさん所有のCDの「コア」ぶりには皆で大爆笑。アントニオ猪木の「元気ですかーっ!」の棒読みぶりだとか、かつて『マシン軍団』を率いた若松市政(現在、北海道某市の市議だそうです)の「ストロングマシーン、We are No.1!」という大絶叫には、本当に笑わせてくれました。勝ち負け犬Jさん、アンタはなんてCD持ってんだ!(核爆)

 まあ、腹が捻り切れる危機を何とか乗り越え(笑)、10時過ぎに新潟競馬場に到着。しかし、前日の新白河での寒さと比べたら、この新潟の暑さは何だ!空は抜けた青さを保った完全なる夏空だし、こりゃ完全に梅雨明けを思わせるような天気でしたよ(後日確認したのだが、新潟地方はこの日梅雨明けだった)。
 しかしそうなると、この暑さを考えたら指定席を取れたのは何て幸運なことだろうと。とりあえず、Nils21スタンドのS指定席に腰を落ち着けた後、いろいろと場内を探索。いや、実は新スタンド(Nils21)ができてから新潟競馬場に来たのは2回目なのだが、前回来た時は雪で中止だったので(過去の日記参照)途方に暮れてろくに探索しなかったんですよね(笑)。で、この日改めて(暑い中)場内巡り。
 で、かつてロサードが新潟3歳Sを勝った時やリワードニンファが関屋記念を勝った時に訪れた頃(まだコースが右回りだった)と比べてみると、何だか競馬場内全体が広く感じた事と、旧メインスタンドががらんとしていて幾ばくかの哀愁を感じさせた事とか、かつて訪れた頃との対比をしながら思い耽ったりしてました。
 あと、新しくなったコースを実際に見て思ったのは、直線1000mのスタート地点は勿論、外回りコースの4コーナーさえも遠くて見づらい!当たり前のようですが、その「距離の長さ」に改めて驚く有様でした。

 さて、馬券の方はというと、小倉サマージャンプと小倉メインKBC杯は的中できたものの、トータルでは4000円程のマイナス。ちなみに、ご当地新潟のレースは後ろから3レース分はやってません(爆)。何しに来たんだよ・・・・と言われても仕方ないかもしれないが、予想が難しかったもんで手を出しませんでしたです、ハイ・・・・・。

 新潟競馬場を後にして、途中「日本海を見てみたい」という事で、競馬場より少し北上した所にある網代浜海水浴場に立ち寄って、少しばかり海を眺めるなどして小休止。その後は、山間に入って(関川村)荒川峡の高瀬温泉の旅館へ行き、そこで宿泊。ちなみに、ここの温泉はちょっとばかり熱かったです。

 3日目は、ある意味メイン?の上山競馬編。という訳で続く。

’03・南東北旅行記(1日目)

2003 - 07/26 [Sat] - 23:59

(注:これは、「F's Stable」の「Column」コーナーの記事をこの場で写したものです)

 7月26~28日に掛けて、勝ち負け犬Jさん、カモネギさん、ササンガム隊長といった「いつもの面々」(笑)で、「南東北ぶらり旅」をして参りましたので、そのレポートでも。

 もっとも、この旅行は最初から波瀾含みだったものでして。この日の明け方に宮城県北部で震度6強の地震があり、東北新幹線のダイヤが乱れるという有様。とりあえず、仙台までは運行していたという事で何とかなったのだが、いきなりのこの事態に不安を覚えずにはいられなかった感じでしたね。
 まあ、何とか勝ち負け犬Jさんの待つ新白河には無事到達。ただ、生憎の雨模様そして肌寒さにいきなりショック。今年の東北地方の「冷夏」ぶりは酷いと聞いていたが・・・・・。半袖着ていった分、とても寒かったです、ハイ。

 新白河に到着後、ウインズ新白河でこの日のレースの馬券を買った後、近郊の蕎麦屋で昼食。ちなみに、出発直前で万馬券をぶち当ててリッチ(笑)になった勝ち負け犬さんのおごりで。毎度の事ながら、本当にスイマセン。ごちになってます。>勝ち負け犬さん
 その後は会津探訪の旅。始めに『日新館』なる旧会津藩校の記念館を訪れたのだが、この館の講師役の講釈が耳に付いて離れない事しきり。内容は、当時の道徳授業にある「什の掟」というものだが、「~してはなりませぬ」というフレーズがやたら印象に残ったりしたもので、皆が皆、突っ込む際には「~してはなりませぬ」とか言う有様に(笑)。というより、講師役の方の「オーラ」に屈してた感じだったなぁ・・・・・
 『日新館』を後にして、今度は飯盛山。その後は会津若松市中を抜け、鶴ヶ城へ。とりあえず、白虎隊の歴史とか会津の支配者の変遷とか、ある程度の知識は持ってはいたのだが、改めてその奥の深さに驚いたりしたものである。

 一通り、会津若松市内を回った後、猪苗代湖方面に戻って、この日の宿泊所へ。で、次の日の新潟競馬の検討・・・・・をする訳ではなく(をい)、夕食後の小休止の後は麻雀大会に突入(爆)。なお、ここでは運気がかなり向いていたせいか、負けずに済みましたとさ・・・・・

 2日目は新潟競馬観戦なのだが、次回へ続く。

 | HOME | 

Calender

06 ≪│2003/07│≫ 08
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

GF

  • Author:GF

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

LINK

カテゴリー


FC2Ad

秋山澪

中野梓

2012・横浜FC日程等

カウントダウン&アップ

ブログ内検索

グーバーウォーク

「あわせて読みたい」

あわせて読みたいブログパーツ

BlogRoll(仮)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

List me!

RSSフィード

RSS Validator (feedAnalyzer)

QRコード

QRコード

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値&経県マップ

詳細はこちらを参照
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。