競馬、サッカー、雑事など記す「何でもあり?blog」です。「別館」ブログは下のタブからどうぞm(_ _)m

  Ali della liberta (in Stadio)のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 横浜FC > 「川崎フロンターレvs横浜FC」観戦記 ~始まりの終わり、そしてこれから~  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「川崎フロンターレvs横浜FC」観戦記 ~始まりの終わり、そしてこれから~

2007 - 03/18 [Sun] - 00:10

 改めて言うまでもない。気持ちのいい位にまでの完敗だ。笑うしかない。

川崎フロンターレ 6 (3-0) 0 横浜FC

【得点者・川崎F】
14分 ジュニーニョ
23分 村上 和弘
44分 マギヌン
48分 ジュニーニョ
69分 黒津 勝
80分 黒津 勝




 もう、これがJ1での「実力差」というものなんでしょうか、相性云々を言うまでもない感じだし、谷口や我那覇がいなくたって、フロンターレの強さは変わりませんでした(泣)。
 とにかく、1対1でさえも敵わないのに、向うのほうが数的優位を作り出したり、裏のスペースとかを有効活用してるんですから、そりゃ「大虐殺ショー」になっても仕方が無いでしょう。全ての面で、川崎フロンターレが上回ってたとしか言いようがありません。あと、ジュニーニョの個人技とか決め手も相変わらずで・・・

川崎・ジュニーニョ先制点の直後のシーン
 菅野が呆然としてたシーンというのも、久々に見たような感じです・・・

大量失点に、さすがに元気がない選手達

 さすがに、試合が終わった後の選手達の表情は一様に元気がありませんでした。サポーターとしては精一杯励まし、悪い影響が残らないように鼓舞するしかありませんでした。

 そんな重苦しい雰囲気の中でも、途中出場したシウバの動きには期待できるものがありました。
途中出場のジウマール・シウバ

 
 試合前から多摩川方面から流れ込む強い北風とともに、打ちひしがれながら帰途に着きましたが、今はこの現実を受け入れ、新たなスタートを切ろうと、気持ちを切り替えていくしかありません。あとは、どれだけ修正できるか。
 もっとも、今回の試合のような出来事は「いつかは来ると思ってた」。J1の舞台はそう甘くはないものと横浜FC、そして我らサポーターに教えてくれた。如何せん相当高い授業料だったかもしれませんが、そう思いましょう。
 この試合が、J1での「始まりの終わり」。序盤戦の「山場3連戦」でJ1の何たるかを叩き込まれた横浜FC。そして、本当の厳しい戦いは、まさにこれから・・・・

p.s.今回、以下の方々にトラックバックです。
横浜FC関係】
CRAZY FOR REAL YOKOHAMAさん
三ツ沢で『最高の瞬間』を迎えるまでさん
青い空と、白い翼-2さん
mitsuzawa.netさん
平成徒然草さん
横浜FC LOVE!!さん
HAPPY YOKOHAMAさん
Vivo en Yokohamaさん
ウタカタ ノ ヒビさん
Emotional Stadium with YokohamaFCさん
カズアマタノツヅリさん

【その他】
merseysideに佇んでさん
スポーツ瓦版さん
slow,snowさん

http://yoneza.seesaa.net/article/36210143.html
http://mitsuzawa.net/archives/001182.html
http://d.hatena.ne.jp/tatsumine/20070317/yokohama
http://dr-sakura.way-nifty.com/blog/2007/03/fc_j13_344f.html
スポンサーサイト

ツラいねぇ(T_T)

J1屈指の個人技とパス回しはさぞキツかったことでしょう(>_<。)
次のジェフ戦も同じような戦いが待っている。
ただ、J1でこれ以上バランスの良い攻撃をするチームはガンバくらいだから、あとは前を向いて進むだけだ。
頑張れ、FC!!!
昇格組に遅れを取るな!

いや、本当にツライ・・・

>ササンガム隊長
 いやぁ、「4年前の再現」を見てるかのようでした(泣)。
 確かに、あれだけ高いレベルで攻撃と守備のバランスがいいのは川崎とガンバ、あと浦和あたりのごく一部なんでしょうけど、やはりJ1では一戦一戦大事に戦っていかなければならないことを実感しましたよ・・・。
 この後はナビスコ杯2戦を挟み、4/1に名古屋が相手。名古屋も絶好調みたいなんで、正直キビシィーッ!

3試合終わって

トラックバックありがとうございます。
この3試合の内容と結果は、横浜FCがJ1のどのくらいの位置にいるのか、良く表している気がしますね。試合の主導権を握れるようになるまでにはまだ時間がかかりそう。でも気持ちと集中力を欠かなければ勝つ事もできる。ミスはそのまま失点に。。。
自信を無くしたら負け。切り替え、切り替え、、、と自分に言い聞かせています。(涙)

兵は詭道なり、という事で・・・・・

>Dr.Sakura さん
 コメント、どうもありがとうございます。
 この3戦を終えて感じたのは、決して悲観するものではないが、余計な慢心は禁物だということ。そして、主導権を握るにはまだ(正攻法で行くには)実力が不足しているということですね。
 ただ、だからと言って戦い方が全くない訳ではないですし、いかに流れをこちらに引き寄せるかでしょうね。
 高木監督の愛読書「孫子」にも「兵は詭道なり」とあります。そうした事を心掛けながら、気持ちと集中力を欠かさないよう、私達も出来るだけのサポートをしてやらないといけませんね。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://giocatore.blog9.fc2.com/tb.php/965-0ddb785a

J1第3節、川崎×横浜FC(等々力)

等々力に行く時、主に新丸子から徒歩で行っていた。 アウェイの駅からのアプローチとしては好きな方だった。 競技場に近付くに連れ、テンションを上げて行き、 アウェイ側のスタンドに入場した。 一度だけそこでの勝利を目にした。 ファン感謝デーの前の試合だったので、ち

第3節ガンバ大阪3連勝&他チームの結果

J第3節のガンバ大阪VS広島は3対0でガンバ大阪3連勝でガンバは二川・遠藤・バレーで3点を取って広島を撃破したね浦和2ー0甲府・清水0ー1柏・千葉3ー3鹿島の3試合など大分3ー1大宮・横浜M1ー4神戸・川崎6ー0横浜FCだね名古屋ー新潟・FC....

戒め(川崎戦感想)

>大敗横浜FC「はい上がらないと」/J1[ニッカン] >「うまい」高木監督お手上

守備崩壊で大敗、横浜FC。

今日のJリーグは、やっぱりKAZUが見たくて、川崎フロンターレvs横浜FCをテレ

J1第3節 川崎 対 横浜FC

0-6 「完敗」。J1の厚い壁を痛感。

[J1第3節]アルビレックス新潟,名古屋グランパス戦で初黒星

アルビレックス新潟と名古屋グランパスエイトの試合が名古屋市瑞穂陸上競技場で行われ,アルビレックス新潟は0-2で敗れ,今シーズン初黒星となった----(PR)----------「今週のトリビア」大賞2006秋冬決勝のお知らせPC版オレメデアで毎週更新される「今週のトリビア...

2007年J1第3節 川崎フロンターレ-横浜FC 「六道輪廻」

川崎・黒津が放ったシュートが、菅野の手を弾きゴールに吸い 込まれた。このシーンを目を逸らさずに何人の人が見られたか。 君たちは逃げ出さなかったか。 昨年あるいは今年から横浜FCのサポーターになった人間には 残酷なシーンだった事だろう。「ハマナチオ」ともては

大量失点で敗北・・・。

横浜FC、3節の対戦相手川崎フロンターレに6-0と大敗 してしまいました・・・。 浦和レッズ相手に善戦。横浜Fマリノス相手に勝利したので、 ある程度はJ1で守備が通用するのかな?と思っていたら、 去年のJ1最多得点チームの川崎フロンターレに見事に”J 1の洗礼”を

 | HOME | 

Calender

04 ≪│2017/05│≫ 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

GF

  • Author:GF

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

LINK

カテゴリー


FC2Ad

秋山澪

中野梓

2012・横浜FC日程等

カウントダウン&アップ

ブログ内検索

グーバーウォーク

「あわせて読みたい」

あわせて読みたいブログパーツ

BlogRoll(仮)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

List me!

RSSフィード

RSS Validator (feedAnalyzer)

QRコード

QRコード

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値&経県マップ

詳細はこちらを参照
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。